Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

ラツィオ州<偉大なボルセーナ湖>

みなさま、初めまして!

今週のA.V.Iブログ担当の三吉です。

簡単にまず自己紹介を。
僕はイタリアワイン専門の輸入業者として働いております。
この仕事を通してイタリアという大好きな国と
日本のかけ橋に少しでもなれればと思い日々ワインを紹介しています。

そして先月の13日~27日まで
イタリアへ新しいカンティーナ(ワイナリー)探しの旅に行ってきました!

今回はラツィオ州に北側に位置する「マルタ」という町を拠点に活動をしました。

a0209951_2332378.jpg


一見普通の田舎町ですが、実はこの町の周りには
「ボルセーナ湖」というバカンス地として名を馳せている大きな湖があります。

a0209951_2371240.jpg


このボルセーナ湖の周りには
エスト!エスト!!エスト!!!で有名なモンテフィアスコーネという街や、

a0209951_2505389.jpg

(モンテフィアスコーネの町中に描かれていた葡萄を踏む様子の絵)

現在復活を遂げた葡萄「アレアティコ」が良く育つグラードリという場所が
あります。(トスカーナのエルバ島でも優良なアレアティコが栽培されています)

オリーヴオイルもイタリア中部地方で有数の美味しいオリーヴオイルが出来る
場所としても有名です。

a0209951_335759.jpg


ボルセーナ湖の周りは常に風が吹いていて、昼間の気温が30度以上でも比較的
すごしやすく、夜は20度近くまで下がります。
この様な気候は葡萄やオリーヴにとって、良い気候条件となっているようです。
昼間と夜間の気温が大きいほど果実の味が繊細かつ奥深いものとなります。


そして、この気候は作物だけではなく、ヨーロッパ人も呼びよせます。
バカンスのシーズンになるとドイツやルーマニア、スイスから大勢の人が
湖の周りに車を止め、近くのバールでモヒートをひっかけながら日焼けや湖水浴を楽しみます。

もし、イタリアのボルセーナ湖へ行く機会があれば、
海パンもしくは水着とサンダルをカバンに入れて
昼から美味しい地元の料理を食べながらエスト×3を飲み、
最後はアレアティコのドルチェワインで〆て
湖際のバールでモヒートとパラソルを頼んで、日焼けを楽しみながら飲んでください。

これはサイコーですね!


おっと、話しが脱線して長くなりそうなので今日はこの辺にしておきます。
全然ワインのこと書いてなかったですね。。。

次回はラツィオが誇る葡萄品種アレアティコの魅力について書きたいと思います!


Buona Giornata!!
(よい1日を!)
[PR]
by amiciviniitaliani | 2011-07-05 03:31 | A.V.I(アヴィ)
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite