Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

おススメのプレシディオ食材

ciao a tutti!(^o^)/
今回の連担当AVIブログはプレシディオについてです。
今日はプレシディオに選ばれている面白い食材のお話を。

連のおススメプレシディオ食材その1

シチリア州:manna delle madonie(マンナ デッレ マドニエ)
a0209951_5141846.jpg

マンナとは西洋トネリコの木を傷つけて流れてきた樹液が固まってできた結晶で、お砂糖のように使います。
食べ方としては、マルサラやオレンジ、卵黄を水に溶かしたマンナと一緒に混ぜて強壮ドリンクにしたり、ビスコッティ、ジェラートを作る時のお砂糖代わりにしたりするそうです。
そのままかじってみると、少し粉っぽくしっとりとした、甘味の優しい お砂糖のようでした。
滋養強壮にもいいそうです。


連のおススメプレシディオ食材その2
マルケ州:cicerchia di serra de' conti(チチェルキア ディ セッラ ディ コンティ)
a0209951_6152922.jpg
 
チチェルキアとはスイトピー科の豆です。
主に中部イタリアで作られていますが、私がお世話になってたセッラディコンティ村で作られるチチェルキアがプレシディオに選ばれています。
石ころのような形をしているため収穫後、豆と混じった石との仕分けが大変だそうです。
食べ方としては、茹でてスープにしたり、パスタにあえて食べられます


連のおススメプレシディオ食材その3
ヴェネト州:gallina padovana(ガッリーナ パドヴァーナ)
a0209951_630462.jpg
 
ガッリーナ・パドヴァーナはヴェネト州のパドヴァという地域で育てらる鶏です。
一度は飼育をやめてしまいましたが、1986年頃から再び飼育が始まり、1997年にプレシディオに選ばれました。1羽につき8平方メートルもの広さを与えて育てられています。
この鶏は強烈なインパクトでした(笑)。
見た目にも相当なインパクトがありますが、伝統の調理法も衝撃でした。
まず、頭と足先を落として毛をむしって内臓を取り出して洗い、お尻からりんご、にんじん、セロリ、たまねぎオレンジの皮、にんにく、丁子、シナモン、砂糖少々等を詰め込みます。
そして最後に節を抜いた竹筒をお尻に挿し、ビニール袋(昔は豚の胃袋)に竹筒が袋の口から出るように入れて口を縛り、竹筒から水が入らないようにして鍋に入れ、3時間ほど茹でます。
その姿はまるで水遁の術を使っている忍者のようでした・・・。
しかし、そのお味は最高で、色々な香りが着いた蒸し鶏。
他にも焼いたり、煮たりもしますが、味が濃くて柔らかい肉質のおいしい鶏でした。

まだまだご紹介したい食材もございますが、今日は選りすぐりの3つをご紹介致しました。

次回はパンやサラミといった製品になっているプレシディオのご紹介をします。
明日もお楽しみに~(^-^)
a domani!
       
[PR]
by amiciviniitaliani | 2011-08-12 05:25 | イタリア地方料理
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite