Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

2011年の収穫について

今日は20日の土曜日ですから、私の担当する本ブログも今回で終わりです。
また順番が回ってくるかとは思いますが、1週間お付き合い頂きましてありがとうございました。

最後までシチリアネタにしようかと思いましたが、やはり最後はワインの事で、
現時点までの収穫の情報をお知らせする事にしました。

私はリアルワインガイド誌にイタリア通信と言うコラムを持っているので、
そちらにも詳細を書いていますが、まだ発刊されていませんからいち早く、
と言う事にはなりますね。

2011年、概要的には春先からかなり安定をした日々が続きました。春から初夏にかけて
気温が例年以上に高く、降雨もそこそこ(降りすぎず)、ひじょうに安定した良いスタートを
切りました。気候が安定しすぎて畑のサイクルが例年よりも2-3週間早く動いていた
地域も有り、今年の収穫はかなり早くなると予想されていたくらいです。

初夏から盛夏にかけて大きく変わった事があって、それは昼夜の寒暖差が大きくなった事。
この影響で早く進んでいた葡萄の状態が、少し落ち着いてきて熟成がゆっくりとなった事は
とても良かったと思います。昔は葡萄の熟成を果肉の糖度と酸度のバランスで見ていて、
それで収穫を決めていましたが、今では種の熟成具合で収穫を決める方が主流です。
種の熟成は果肉よりもゆっくりと進みますので、葡萄の一粒のバランスを見ながら収穫を決める
事がとても難しくなります。

その点において、今年はかなり理想に近い(現時点まででは)状態だと思われます。
まぁ、確かにこの間に、残念ながら雹害を受けて葡萄に大打撃なエリアもあるのですが、
基本的には素晴らしい状態で推移している事は、私の口からはっきりとお伝えする事が
出来ます。

すでに白ブドウ、一部の赤ブドウまで収穫を開始した地域もあるほどですので、今年の収穫が
終わるだろう10月初旬まで安定した気候が続くように願うだけであります!

a0209951_2342895.jpg

画像はトスカーナ州ピサ県のサンジェルバジオで、8月16日に収穫をされたシャルドネです。
ひじょうにキレイで状態の良い葡萄が画像からも分かると思います。昨年は白ブドウは良い収穫
でしたが、赤が今一つでした。今年は赤ブドウまで素晴らしい事を期待したいです。
[PR]
by amiciviniitaliani | 2011-08-20 23:42 | イタリアワイン
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite