Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

Oasi degli Angeli

ciao tutti!
今週のブログはマルケ好きの連が担当させていただいております。
今回はとっても素敵なご夫婦が運営されてるカンティーナをご紹介させていただきます。
それは、南マルケのアドリア海側の小さな町でKURNI(クルニ)というモンテプルチャーノ100%のワインを造っている、
OASI DEGLI ANGELI(オアシ・デリ・アンジェリ)です。

そこは、私が生まれて初め訪れたイタリアのカンティーナでした。
その時はちょうど収穫の時期で、当時片言のイタリア語しか話せない私を、このカンティーナの主のマルコとエレオノーラ夫妻は
「遠いところよく来てくれたね!」
と本当に快く迎えてくれました。そして
「先ずはこれから」
と、美味しそうに熟したモンテプルチャーノのブドウを味見させてくれました。
優しい彼らが造ったブドウは本当に幸せな気持ちでいっぱいになる味でした。
その後彼らは一枝に一房しか実をつけないということ、種がしっかり茶色に熟してから摘むということなど彼らのこだわりを丁寧に教えてくれ、ワインを味見させてくれました。
今まで飲んだことが無い衝撃のモンテプルチャーノでした。
そして地下のカンティーナで、ワインの眠る樽を見ながら熟成法や畑の違い、彼らの考えを話してくれました。
 それからもたまに訪れては色々ワインを教えてもらったり、料理の話やマルケの話をしてもらって楽しい時間を過ごさせていただいてました。
本当に幸せな気持ちにさせてくださる大好きなご夫婦です。
今回は五年振りの再会でしたが、彼らはいつもと変わらない笑顔で迎えてくれました。

畑に出るとちょうど木の剪定が終わったところでした。
そんなブドウの木の切り口からなにやらゼリー状のものが・・・
「見てみて、切り口から樹液が出てきてるでしょ?これはブドウがそろそろ目覚めてきてるサイン。春ももうすぐね!」
と、いつもチャーミングなエレオノーラ。
その後も彼女は丁寧に畑や新しい苗の説明をしてくれました。
a0209951_1816386.jpg

「お昼は食べて行ってね!」
とパスタも作ってくれたエレオノーラ。
彼女は料理の腕も超一流で、その腕前は彼らがする週末のレストランをいつも予約でいっぱいにするほどです。
a0209951_18231294.jpg


彼らの家にもたくさんの仲間が住んでいます。犬が4匹に猫が5匹...
中でも元気なラブラドールのガストーネはいつもエレオノーラと一緒です
a0209951_1394746.jpg

「パスタが茹るまでワインの味見してて」
とマルコが出荷を始めたばかりのまだエチケットもついていないKURNI2009を味見させてくれました。
a0209951_1443464.jpg

食事の後にカンティーナで樽の違いや畑の違い、新しく造った「KUPRA」という新しく造ったワインの話もしてくれました。KUPRAは1500年前にすでにサルデニアから渡ってきていたブルドゥ(カンノナウ種)というブドウを復活させて造ったワインで、まだ400本しかできないワインだそうです。
a0209951_1552100.jpg



有機農法でブドウを作る彼らのワインにその表示はありません。
「ビオの表示をすればそれだけで買ってくれる人もいるかもしれない。
けれど飲む人の事を考えたら農薬や化学肥料なんか使えないことは当たり前。
そんな表示なんかより僕達はワインの味をみてほしいからその表示はしない。」
彼らのワインはそんな彼らの考え方に似て、たくましくて優しい味がします。
大切なこと本当に色々教えていただきました。


「今度日本に行ってみたいわ・・・」
そう言ってくれたエレオノーラ。
日本でも一緒にワインを飲める日が待ち遠しいです(^-^)
[PR]
by amiciviniitaliani | 2012-03-19 08:36
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite