Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

造り手の顔、輸入者のスタイル。


 木曜日担当の丸谷です。

 先週は色んな造り手が来日していましたね。
 僕は二つのメーカーズディナーに行ってきました。

 5月20日(月)、トスカーナはモンテプルチアーノから、クロチアーニのオーナー、スザンナさんが来日。 肥後橋の「ラポルタ」さんで食事をご一緒しました。
 この店のオーナー臼井さんとスザンナさんには興味深いエピソードがあり、それもあってか恐らく日本で一番クロチアーニのワインを売っているのではと思います。
 そのエピソードを聞きたい方は、ラポルタさんを訪ねて下さいね。

a0209951_7564014.jpg

スザンナさん。


 5月22日(水)。この日はトスカーナの誰もが知っている世界的な造り手、オルネッライアからジョヴァンニさんが来日。 2、3回くらいだろうとタカをくくって、「日本は何回目ですか?」 と聞くと、「30回くらい」と返ってきました(笑)。
 輸入者が日本リカーさんに移ってからは初の来日です。
 ことのほか日本びいきなジョヴァンニさんは、フィレンツェ生まれのフィレンツェ育ち。

a0209951_7571438.jpg

ジョヴァンニさん。

 「セカンドワイン」 と 「セカンドラベル」 の違いについてとか、近々復活する「ポッジョ・アッレ・ガッツェ」の話とか、興味深いことをたくさん話して頂きましたが、それはまた今度。


 今日はタイトルに書いた、造り手と輸入者のことで結びます。

 ジョヴァンニさんは世界的な造り手の醸造責任者だけに、世界中を飛び回り最高級のレストランでプロモーションを行って、スピーチも完璧。
 輸入者である日本リカーさんが扱うのは、ルイ・ジャドや テタンジェなど、世界の舞台で活躍するものばかり。


 かたやスザンナさんはホントに素朴な人で、スピーチは頑張って覚えた日本語で自己紹介。各テーブルに出向いて造り手としての想いを熱く語ります。
 輸入者であるワインウェイヴさんが扱うのは、チェッラーリオ、ロベルト・ルカレッリ、ルイジ・マッフィーニなど、名前を聞いてもよく分からない造り手ばかり。でもその造り手たちは小さいながらも一所懸命ブドウを栽培し、ワインを造り、解ってもらおうと力強く語ります。


 良い悪いの話ではなく、これはスタイルの話。
 僕たちは彼らの声を細部まで聞き、分析してお客さんにご案内します。
 一般の方は深く考えずに、自分に合った造り手と輸入者に巡り合えればいいですね。

 恒例となりました中央公会堂のイベントでまた、エエのん見つけて下さいね。
[PR]
by amiciviniitaliani | 2013-05-31 00:08 | ワインの造り手。
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite