Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

【アヴィノフェスタを楽しもう!!】 イチオシ☆島ワイン~C.ラシーヌ~

AiNOFESTAでは、150種類もの島ワインの中から
あなたのお好みのワインをお選びいただきます。

20社あるワインのブースの中から、
ブースCのラシーヌ様より、オススメワインのご紹介が届きました。

今回ご紹介するのは
伝統的なエトナのワイン造りを牽引する
「サルヴォ・フォーティ」自身のワイナリーである
「イ・ヴィニェーリ」

シチリアという土地でありながら
エトナの葡萄栽培地は標高1,000mを超える冷涼な環境で
樹齢100年を超える畑が、今も生きている最上のテロワールです。

エトナ人 サルヴォ・フォーティという、
類いまれな才能と感覚の持ち主である表現者の登場は
今、最も注目を集めるワイン産地として
光があたる きっかけとなりました。

サルヴォが生まれ育ったシチリア島の北東部では
2000年も前から、葡萄栽培がおこなわれ
ワインが造られてきた歴史と
代々受け継がれてきた伝統があります。

この地での葡萄栽培において、
最も 重要な事は「アルべレッロ(一株仕立て)」だと語ります。

古代ギリシャの伝統的な仕立て方である
「アルべレッロ」は葡萄の樹1本1本が 独立しているため
風通しが良く、葡萄が病気になり難くなります。

そして、職人は1本の樹に対して360度の方向から
向き合って作業ができるので、
それぞれの樹に合ったケアをする事ができます。

アルべレッロは、葡萄の樹 自身が必要なものを
必要な分だけ根から 吸収するので
土壌を酷使せず、バランスを取りながら
継続的な栽培を行えるといわれています。
樹齢の高い樹が、多く存在するのはこのためです。

a0209951_14265749.jpg


こちらは、樹齢100年を超えるネレッロ・マスカレーゼの樹を
職人が手入れする風景。

そして、質の高い葡萄を育てるため
樹と樹の間隔を狭く、植樹密度が高く植えられています。

当然のことながら、
畑に機械など入れません。

畑の作業を手伝ってくれるのは...

a0209951_15164251.jpg

なんと、ラバ!!

100年前の風景ではなく
現代の風景です。。。




葡萄の樹の手入れも、
効率を優先した 他の仕立てに比べると、
手間も時間も労力も、そして経験も
何十倍も必要となってくる栽培方法なのです。

サルヴォは、この伝統的な葡萄栽培を後世に残すため
栽培家集団「イ・ヴィニェーリ」を立ち上げました。

a0209951_15275360.jpg


このチーム イ・ヴィニェーリの関わるワインには
2009年リリースのワインから順次、
彼らのシンボルである「アルべレッロの葡萄の樹」が
刻まれたオリジナルボトルが用いられています。

そして、AViNOFESTAで 一番注目していただきたいのが
イ・ヴィニェーリのトップキュヴェ
「ヴィヌぺトラ」です。

a0209951_15474562.jpg


ヴィヌぺトラ=石のワイン は名前のごとく
柔らかいタッチの奥に、強いミネラルが潜んでいます。
肌理が非常に細かく、細部の描写まで鮮やかです。

今回は、性格の異なる2011年、2012年のヴィンテッジをご用意しました。
どう違うのか。
是非、会場でお体験ください。

a0209951_15515798.jpg

[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-09-27 16:01
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite