Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

一押しワインの紹介~イルトラミテ~

AViNOFESTAで楽しめるヴェネツィア共和国のワインはナント153種類!
今日も、その中からブースの一押しワイナリーをご紹介いたします。
H.イル・トラミテの担当 加藤さんからのお勧めワイナリーのご紹介です!

イル・トラミテ株式会社です。
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州のムジッチ社をご紹介します。
ここのワイナリーは現当主イーヴァン氏の祖父が1927年サン・フロリアーノのビヴィオに定住したのが始まりです。
a0209951_22343386.jpg

この地域は第一次世界大戦で激戦地とし大きな被害を受け、彼らも僅かなブドウ畑と果樹園で厳しい生活をしてきました。
第二次世界大戦が終わり、父のルイージが5haの畑を購入して働き始めたのが1963年で、コッリオというブドウに最適なこの場所でワインを造り始めました。

a0209951_2236030.jpg

その後も「ポンカ」とこの地の方言で呼ばれる、泥灰土と砂岩の混じった肥沃な土地を手に入れ、ブドウ栽培に情熱を注いでいます。
現在はイーヴァン氏を中心に夫人のオリエタ氏、二人の息子エリヤ氏、ファビヤン氏が彼を支えています。
a0209951_22371113.jpg

二人の子供は共に醸造学校でワインを専門に学びこれから期待されている兄弟です。
彼らはこの地方に残る伝統民謡も学んでおり素敵な演奏を奏でてくれます。

a0209951_22322583.jpg


この地はスロヴェニアと国境を接する場所にあるため、イタリア語以上にスロヴェニア語が中心になっています。
ムジッチでも家族間ではスロヴェニア語を、またオリエタ夫人がフリウリ語を話すため、彼女にはフリウリ語を使って会話をしています。
この地域の標識等もすべてイタリア語とスロヴェニア語で表記されています。

ここのワイン、特に白ワインはあえてステンレス熟成が主となるため、ぶどうそれぞれの個性がはっきり感じ取ることができます。


イル・トラミテ ブースのリストはこちら...
a0209951_22491431.jpg

実は、
イル・トラミテのワインは、レストランでしか味わうことができません。
今回も出展されるワインは全て AViNOFESTAのための参考商品なので
お買い求めいただくことはできません。

ワイナリーは全て
自分たちの目の届く範囲でワイン造りを行っている小規模のワイナリーばかりです。
彼らの選ぶワインは、デリケートで、豊かで、多彩なな表情を持っています。
レストランで、コンディションの良い状態で、
食事と共に楽しまれることが理想のワインです。

今回は、特別にAViNOFESTAに出展していただくことになりました。
ぜひ、イルトラミテブースの 優しくて 柔らかくて 豊かなワインを味わってみてください。
必ず イタリアワインが、もっと好きになるはずです。
[PR]
by amiciviniitaliani | 2016-09-28 11:35 | 一押しワインの紹介
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite