Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ワインの造り手。( 12 )

美学。


アヴィノフェスタ、テーマが発表されましたね。
楽しみです。

今日はそのテーマに沿った造り手、ではなく(笑)、先日来日して昼食をご一緒したジャンフランコ・ガッロさんのレポートです。

a0209951_20194762.jpg

言わずと知れた「北の巨人」こと、ヴィエ・ディ・ロマンスの当主。
今回は、「聘珍樓」さんでの中国料理とのマリアージュ!


「今日は僕が講師、なんて難しい話はせずに、友達と円卓を囲んでいるような感覚で、フランクに話をしよう。」

という冒頭の言葉を半ば疑いながら、会食は始まりました。

ほぼ全てのラインナップを、中国料理とのマリアージュ。これは彼にとっても初めての試みで、
実に贅沢なテイスティングでした。参考として、ソーヴィニョン・ヴィエリス2007とシャルドネ・チャンパニス・ヴィエリス2007を現行ヴィンテージと比較。

最も注意を払うべきは、その「色」。当たり前だが2007年は、現行の2012年と比較して濃い色を呈している。
これは酸化によるものではなく、「還元」によるもの。還元熟成は、本来ブドウが持っている色、ソーヴィニョンの場合は黄色よりも緑色が強いので、濃い色は呈しているものの茶色いニュアンスではなく、上質のオリーブオイルのような、輝きのある深い黄緑色。
これに対し酸化熟成を経ると、ワインの色が茶色くなる。リンゴを切った時の断面が、時間と共に色が変わるのと同じ。
なるほど確かに、「ビオを強烈にアピールする造り手」には、この色は見られない。


造り手を語るにあたって外せないのが「畑」の話だが、今回はソーヴィニョンのふたつの畑、ピエーレとヴィエリスにスポットを当てて話しました。

一般にこのふたつの違いは、樽熟を経たものとそうでないもの、とに分類されがちだが、それは正確ではない。

ピエーレに植えられているブドウはイタリア由来のクローンが多く、通常よりも房が小さく、粒と粒との間にスペースがあり風が通りやすい。楕円形をしており、果汁が多い。
結果、その最大の特徴である、「みずみずしさ」をストレートに引き出すべく、ステンレスでの熟成を経る。

それに対してヴィエリスは、フランス系のブドウが多い。房が小さく、粒も小さい。その分、旨味成分をはじめとする複雑さを構成する要素が多く含まれている「果肉と果皮の間」の部分をより多く抽出するため、ブドウジュースは複雑性を帯びたものとなる。その結果、9種類もの樽(アリエ、トロンセ、ヌヴェールのそれぞれの産地の樽を、新樽、2年樽、3年樽)を使って、その最大の特徴である、「深いコクと複雑性」を更に深める。


「ワイン造りに大切なのは、
それが、美味しくて楽しいもの、であること。
テロワールを忠実に表現しているものであること。
樽をはじめとする「技術」は、その目的を達成するための単なる道具なんだよ。」


そして彼は最後に、

「10年後の新しいワインのリリースに向けて今、動きだしている。惜しまれながらも「チャントンス・ロゼ」の生産をやめたのは、自分のリミットを既に超えていたことと、新しいプロジェクトを進めるには、そうせざるを得なかったんだ。」

この時、そのプロジェクトの概要を聞きましたが、「口外しないように」と何度
も注意されたので、ここでの記述は控えます。

10年後が楽しみですね!
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-06-19 20:30 | ワインの造り手。

情熱。

a0209951_192510100.jpg


 造り手の来日が相次ぎました。

 今回はその中から、強烈な印象を残した「ベナンティ」をご紹介します。

 今や世界的に注目を集める銘醸地、エトナ。
 言わずと知れた世界でも稀にみる活火山地帯で、その活動はハワイ島のそれに次ぐ勢いなのだとか。

 その環境でベナンティがワイン造りを始めたのは1800年末のこと。
 つまり、エトナの歴史は ベナンティの歴史と言ってもいいくらい、この地には欠くことのできない造り手。

 今回来日したアントニオ・ベナンティは4代目。
 その彼が最重要視するブドウが、

白ブドウの 「カッリカンテ」
黒ブドウの 「ネレッロ・マスカレーゼ」と 「ネレッロ・カップッチョ」。

 「これらのブドウは、この地にしか存在しない。 そしてこの地の個性を 最大限に発揮する。」

 この土地に生まれ、育った彼のこの言葉は、ことのほか大きかった。

 
 標高1000メートルの畑から造られる エトナ・ビアンコの味わいにド肝を抜かれたあとは、
 いよいよ赤ワイン。
 そのテイスティングの順が、興味深かった。
 通常テイスティングの順番は、「価格順」となる。
 味わいの濃さや深さが、概ね価格に比例するからだ。

 なのに彼は、エントリーラインの「エトナ・ロッソ・ヴェルゼッラ」を最初に出さず、
 「イル・モノヴィティーニョ(単一品種)シリーズ」の2アイテムを先にグラスに注いだ。

 「ネレッロ・マスカレーゼは確かに エトナの名を世界に知らしめたブドウだ。 だが、
 もう一つの ネレッロ・カップッチョ、この個性を知らなければ、エトナを知ったことにはならない。」

 ネレッロ・カップッチョを単一でワインにしている造り手はほとんどいないのだそう。しかしながら、

 「知ってもらうには、造らないといけないね。」

 強さとしなやかさを併せ持ったネレッロ・マスカレーゼと比べると、タンニンがソフトでおしとやかなワイン。

 「補助品種ではない。この2つの個性があってこそ、エトナなんだよ!」

 ネレッロ・マスカレーゼも規定では「エトナDOC」を名乗ることができるけれど、
 彼の「知ってほしい」という願いからそれをせず、「比べる対象」としてこの2つのワインを造り続ける。

 この2つのワインをテイスティングしたあとエトナ・ロッソを飲むと、彼のその意図がよく解る。

 「カップッチョはもっと評価されていいはずだし、もっと多くブレンドしたい。だけど法律で20%以上はブレンドしちゃダメなんだよ。残念だけどね。」

 マグマのように熱い彼の情熱を、たっぷり1日かけて(夜中までね)、知ることができました。
 


 ところで、今年のアヴィノフェスタのテーマって、何でしょね?
 
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-06-12 19:37 | ワインの造り手。

ピエモンテ 画像の旅 その2


皆さんこんばんは。
エノテカビアンキの丸谷です。

さてさて今回は、 バローロです。
前回に引き続き、ラ スピネッタが所有する 「カンペ」に行ってみましょか。

a0209951_22491185.jpg

ライオンのラベルで知られるバローロ 「カンペ」の畑。



a0209951_22502740.jpg

カンペの熟成庫。
やー、立派なバリックが盛りだくさん!



a0209951_2251487.jpg

熟成庫の上はこんなテイスティング ルームになっています。


そう。この「カンペ」も飲めちゃうんですねぇ。
アヴィノフェスタ凄い!

次回お楽しみに!!
[PR]
by amiciviniitaliani | 2013-10-17 22:56 | ワインの造り手。

アスティのカネッリには お屋敷がいっぱい。


 皆さんこんにちは。
 エノテカビアンキの丸谷です。

 アヴィノフェスタまであと1ヶ月半。
 徐々にテンション高めてます。 と同時に、ピエモンテの知識も蓄えてます。


 日々の仕事の合間に ちょっとした時間を見つけると、ピエモンテに関わる本を読んだり、以前訪問した時の写真を見たりしています。

 今回からシリーズで、その画像を少しずつ アップしようと思います。


 前回訪問したのは昨年の3月。
 ロンバルディア州のヴァルテッリーナを後にしてピエモンテ州に入り、最初に伺ったのが 「コントラット」 でした。

a0209951_1265713.jpg

 凄い重厚感。 訪問した時は工事中でした。
 2011年から サイのラベルで有名な 「ラ・スピネッタ」のジョルジョ・リヴェッティさんがオーナーになり、その中は、

a0209951_12125760.jpg

 博物館顔負けのクラシカルなワイン設備や、

a0209951_1281229.jpg

 なんかいてるんちゃう? と思わせるような大きくて古~いワイン保存庫もあったり、

a0209951_1285382.jpg

 もちろん!という感じでレストランもあり、そこでリヴェッティご夫妻と食事を共にしました。

a0209951_1293292.jpg

 いやぁ!スゴいお屋敷でした。 ジョルジョさんありがとうございました。

 そこで飲んだコントラットのスプマンテは、「上品」そのもの。
 世界各地のブルジョワ系の人たちに愛飲されるのが、よく分かりました。

 今回のアヴィノフェスタでも楽しめますよぉ! お楽しみに!!


 そして、スゴいお屋敷を後に 次へと向かおうと思ったら ↓

a0209951_12102673.jpg

 そのお向かいに、「コッポ」がありました!(こんなに近いのん!?)

 もちろん、このワイナリーのワインも楽しめちゃうんです!
 アヴィノフェスタ凄い!

 お楽しみに!

 画像横向きになっちゃいました。すみませ~ん。

 次回はバローロへ行きます。
[PR]
by amiciviniitaliani | 2013-10-10 12:05 | ワインの造り手。

バルベラを堪能してきました。


 木曜日担当の丸谷です。
 ところで、僕が何故木曜日担当なのかというと、毎日の重要な「配達業務」が木曜日はお休みだからです。
 だからといって、水曜日に深酒して 翌日二日酔いが多いかに見えるのは、何ら関係ありません(笑)

 そんな木曜日である今日、ピエモンテ州 ロッケッタ・ターナロから バルベラのスペシャリスト 「ブライダ」 のオーナー、ラッファエッラ・ボローニャさんが来日、セミナーに行ってきました。

 彼女と会うのはこれで4回目くらいでしょうか。相変わらずのダイナミックさは、相変わらず圧倒されます。

a0209951_19535849.jpg

 これは初めてお会いした2004年。 お互い、この頃はまだ細かったね。

 今までのセミナーがテイスティング主体だったように思うのに対して今回は、ワイナリーに関することや畑の位置、土壌など、「ブライダ」 というメーカーについての話に重きを置いていたように感じました。
 むろん、テイスティングが疎かになったわけではなく、ゲストテイスターとして ポンテヴェッキオの植田さんのコメントは、実に勉強になりました。

a0209951_2013232.jpg

アイ・スーマ と ブリッコ・デル・ウッチェッローネ

 フリッツァンテから軽やかなもの、更には世界的に注目されているものまで、バルベラの多様性に驚いた日でした。


 と締めくくったら何の面白みもないので、印象に残ったことをふたつ。

 ひとつめ。
 彼女は地球温暖化について言及しました。
 温暖化によって最も顕著に変化が現れるのは、ワインの「アルコール度数」。

 80年代には13%だったアルコールが、90年代には14%、2000年以降になると15%を超えることも珍しくなくなったんだとか。

 この30年という非常に短いスパンで、これだけの変化が起こっているんです。
 真剣に考えねば、と改めて思いました。


 もうひとつ。
 「アイ・スーマ」 のラベルは、大きな蝶のように見えますが、あれは彼女の父であるジャコモ・ボローニャ氏の口の形をふたつ合わせたもので、

 「このワインは独りで飲むものではなくて、少なくとも二人以上で楽しんでほしい」

 という造り手の願いが込められています。

 不幸にもジャコモ氏はこのワインが誕生した翌年に亡くなったそうですが、
 彼の想いは、語り継がれていくのですね。
[PR]
by amiciviniitaliani | 2013-09-05 20:25 | ワインの造り手。

造り手の顔、輸入者のスタイル。


 木曜日担当の丸谷です。

 先週は色んな造り手が来日していましたね。
 僕は二つのメーカーズディナーに行ってきました。

 5月20日(月)、トスカーナはモンテプルチアーノから、クロチアーニのオーナー、スザンナさんが来日。 肥後橋の「ラポルタ」さんで食事をご一緒しました。
 この店のオーナー臼井さんとスザンナさんには興味深いエピソードがあり、それもあってか恐らく日本で一番クロチアーニのワインを売っているのではと思います。
 そのエピソードを聞きたい方は、ラポルタさんを訪ねて下さいね。

a0209951_7564014.jpg

スザンナさん。


 5月22日(水)。この日はトスカーナの誰もが知っている世界的な造り手、オルネッライアからジョヴァンニさんが来日。 2、3回くらいだろうとタカをくくって、「日本は何回目ですか?」 と聞くと、「30回くらい」と返ってきました(笑)。
 輸入者が日本リカーさんに移ってからは初の来日です。
 ことのほか日本びいきなジョヴァンニさんは、フィレンツェ生まれのフィレンツェ育ち。

a0209951_7571438.jpg

ジョヴァンニさん。

 「セカンドワイン」 と 「セカンドラベル」 の違いについてとか、近々復活する「ポッジョ・アッレ・ガッツェ」の話とか、興味深いことをたくさん話して頂きましたが、それはまた今度。


 今日はタイトルに書いた、造り手と輸入者のことで結びます。

 ジョヴァンニさんは世界的な造り手の醸造責任者だけに、世界中を飛び回り最高級のレストランでプロモーションを行って、スピーチも完璧。
 輸入者である日本リカーさんが扱うのは、ルイ・ジャドや テタンジェなど、世界の舞台で活躍するものばかり。


 かたやスザンナさんはホントに素朴な人で、スピーチは頑張って覚えた日本語で自己紹介。各テーブルに出向いて造り手としての想いを熱く語ります。
 輸入者であるワインウェイヴさんが扱うのは、チェッラーリオ、ロベルト・ルカレッリ、ルイジ・マッフィーニなど、名前を聞いてもよく分からない造り手ばかり。でもその造り手たちは小さいながらも一所懸命ブドウを栽培し、ワインを造り、解ってもらおうと力強く語ります。


 良い悪いの話ではなく、これはスタイルの話。
 僕たちは彼らの声を細部まで聞き、分析してお客さんにご案内します。
 一般の方は深く考えずに、自分に合った造り手と輸入者に巡り合えればいいですね。

 恒例となりました中央公会堂のイベントでまた、エエのん見つけて下さいね。
[PR]
by amiciviniitaliani | 2013-05-31 00:08 | ワインの造り手。

笑顔の素敵な女性。


 昼間の陽光が心地良い季節ですね。
 寒さが増し始めた11月の半ば、素敵な生産者が来日しました。

 そのカンティーナの名は サン・フェレオーロ。
 当主のニコレッタさんはミラノでの服飾関係の仕事を辞し、たった1ヘクタールからワイン造りをスタートさせました。

a0209951_19185545.jpg


 ドリアーニにあるこのカンティーナでは主要品種はドルチェット。 アルバではネッビオーロ、バルベーラと続いてドルチェットは3番目の品種と言われますが、ここでは筆頭のブドウなのです。

 「ネッビオーロと比肩するほどのタンニンと力強さを持つにもかかわらず、つい最近まで正当な評価を得られなかったのは本当に残念。」

 そう語る彼女のドルチェットは、酸は確かに感じるが穏やかで、本当にバランスが良く、ジワッと旨みが出る素晴らしい味わいです。
 現行ヴィンテージが2006年、というだけでも、

「このドルチェット、タダものでないな」

と感じさせますね。

是非飲んでみて下さい。

彼女の笑顔のように温かくなりますよ。

a0209951_19192572.jpg

[PR]
by amiciviniitaliani | 2012-11-29 19:23 | ワインの造り手。

レポートできました。


 木曜日担当の丸谷です。
 この3月、4年ぶりにイタリアへ行ってきました。目的はワイナリー視察です。ならば視察したレポートを書くのはその人の務め、と思ってレポート第二弾。書きました。

 長々とここに書くと退屈すると思いますので、抜粋。 ↓


ワイナリーレポート <ウマニ・ロンキの巻>

日本では桜がまだ蕾だった頃、マルケ州のワイナリー、ウマニ・ロンキを訪ねました。

 50年に一度の大寒波が今年、ローマを直撃したことは記憶に新しい出来事ですが、ここマルケ州でもつい1ヶ月前までは、膝くらいの高さまで雪が積もっていました。
 訪問時、そんなことは想像もできないほどのポカポカ陽気でした。
a0209951_1915187.jpg


 ウマニロンキが栽培している代表的なブドウは、赤のモンテプルチアーノ、そして白のヴェルディッキオ。

 ヴェルディッキオの畑は110ヘクタール。モンテプルチアーノの畑は65ヘクタール。
 数字を聞いてもピンとこないと思いますが、ロッソコーネロというワインに関しては、そのDOC全体の20%を占める生産量を誇ります(スゲー!)。

 僕が訪問した時、ガンベロ・ロッソの「白ワイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した「ヴェッキエ・ヴィーニェ2009」の話題で持ちきりで、社長であるミケーレさんはその後、ワールドツアーを敢行したほど嬉しかったようです。もう北イタリアの独壇場ではないゼッ! と聞こえるようでした(会ってないけど)。

 ヴェッキエ・ヴィーニェの畑 ↓

a0209951_1944330.jpg

 

 案内して頂いたウリッセさんは、

「車に例えるなら、ウチの畑はフェッラーリ。でも僕たちの仕事はチンクエチェントかもね(笑)」

 なんて言ったりする、チャーミングな方でした。
 ↓ 男前ふたり。 左がウリッセさん。

a0209951_1931314.jpg


 来週は、

 「ボローニャで食べた生ハムが美味しすぎてびっくりしたイタリア人」

 をレポートします。
 お楽しみに!!
[PR]
by amiciviniitaliani | 2012-07-19 19:37 | ワインの造り手。

涙。


 七夕。 今年は晴れた夜空だったから、彦星は織姫に会えたんでしょうね。

 ワイナリー続々来日!

 ロマンチックなこの日、およそ七夕とは縁遠そうなふたりが大阪に来られました。
 ヴェネト州から、プロセッコの優秀な造り手 ビゾルよりジョヴァンニさん。 マルケ州はラクリマ・ディ・モッロ・ダルバの造り手 コンティ・ディ・ブスカレートよりクラウディオさん。
 ふたりはヴェネツィア大学日本語学専攻の同級生。そして優良な造り手のセールスマネージャーであることも、輸入元がパシフィック洋行さんであることも、更には日本語がペラペラだってことも共通しています(笑)。

クラウディオさんに至っては、

「なるべくコウゴタイで話すように注意してます、ブンゴタイだとみんな話してくれないから」

 まさかそんな言葉をイタリア人から聞くとは考えてもいなかっただけに、変に戸惑いました(中学生以来ちゃうかな?)

 今回は、コンティ・ディ・ブスカレートのプロモーションの色が強かったので、マルケ料理専門店! 「ラ・チチェルキア」さんへ。

a0209951_1846227.jpg

パッサテッリ や、

a0209951_18474821.jpg

ヴィンチスグラス。

a0209951_1848546.jpg

パッサテッリ絞り機(?) 名前はない。

 色んなマルケ郷土料理と合わせて飲んだ彼らのワインは、お料理に寄り添いまくってました。そして何よりも、店主の連さんとクラウディオさんの、

「あそこ知ってる?」
「あぁ、あのカンティーナからすぐの?」
「そうそう! そのちょっと行った所の交差点を左!」

 なんて地元トークが炸裂! 絶妙のスパイスでございました。 やー面白かった!

 日本をこよなく愛するイタリア人ふたり。
 友だちのおみやげに、とこんなのを買ってました ↓

a0209951_18482419.jpg

ラクリマつながりで、ね。 泣いてるサラリーマンとツーショット。
このストラップをボトルネックに飾って!

「ポスト・サングレ・デ・トロ」 目指します!(クラウディオ談)
[PR]
by amiciviniitaliani | 2012-07-12 12:51 | ワインの造り手。

ヤンチャなおひと。


 6月のあの大雨。あの夜のできごと。このブログでは三吉さんが書いていましたね。

 その内容は → こちら でジャンプ!


 その数時間前、僕はアルト・アディジェのトップメーカー、テルランのクラウスさんと食事をご一緒させて頂きました。
 無論、会場のレストランに無理を言ってテルランのワインを持ち込ませて頂き、終始彼らのワインを飲みながらの食事、

 と思いきや!!

やんちゃその1。 クラウス 「シャンパンのみてーな」

と、ワインリストを物色。 → ボランジェのRD1997 でカンパーイ!

 もちろん話はテルランではなくシャンパンへ。シャンパン好きが高じて自家消費用にメトド・クラッシコを500本ほど造っているらしい。しかもマグナムで。 「ほしい!」 って言ったら 「アカン!」 と即答されました。

 レストランに無理を言って白を3種類用意してたのに、その時に飲んだのは「クオルツ2009」だけ。

と、それを飲み終わるや、また何やらリストを物色、、、

やんちゃその2。 クラウス 「オマエら、これからブラインドテストじゃ~!」 (多少誇張してます。悪しからず。)

 何故かブラインドでワインが出され、黙々とテストさせられちゃいました!(汗)
 結果は、ご想像にお任せします。

a0209951_1663674.jpg

 その時に飲んだワイン達です。

 食事を終えて夜が更け、寝不足がピークに達したのか、外を出てあの大雨の中、

「ハッハッハッ!!!」

 と大笑いしながら、水溜りを飛び越えながら(僕にはそれ目掛けて跳んでいるように見えましたが)、バッシャバッシャと走り回ってました(やんちゃその3)。

 久々に壊れた人を見ましたね(笑)。イタリア人では「初」です。
 あの勉強会に参加した皆さん、クラウスさんが他の人と比べてズブ濡れになっていたのは、そういう理由があったんです(笑)。

 他にもブログに書けない事もいくつかありましたが、クラウスさん、お疲れさまでございました(笑)。

a0209951_1665741.jpg


 やんちゃそうでしょ?
[PR]
by amiciviniitaliani | 2012-07-05 16:13 | ワインの造り手。
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite