Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

笑顔の素敵な女性。


 昼間の陽光が心地良い季節ですね。
 寒さが増し始めた11月の半ば、素敵な生産者が来日しました。

 そのカンティーナの名は サン・フェレオーロ。
 当主のニコレッタさんはミラノでの服飾関係の仕事を辞し、たった1ヘクタールからワイン造りをスタートさせました。

a0209951_19185545.jpg


 ドリアーニにあるこのカンティーナでは主要品種はドルチェット。 アルバではネッビオーロ、バルベーラと続いてドルチェットは3番目の品種と言われますが、ここでは筆頭のブドウなのです。

 「ネッビオーロと比肩するほどのタンニンと力強さを持つにもかかわらず、つい最近まで正当な評価を得られなかったのは本当に残念。」

 そう語る彼女のドルチェットは、酸は確かに感じるが穏やかで、本当にバランスが良く、ジワッと旨みが出る素晴らしい味わいです。
 現行ヴィンテージが2006年、というだけでも、

「このドルチェット、タダものでないな」

と感じさせますね。

是非飲んでみて下さい。

彼女の笑顔のように温かくなりますよ。

a0209951_19192572.jpg

[PR]
by amiciviniitaliani | 2012-11-29 19:23 | ワインの造り手。

イタリアワインベストソムリエコンクール

 ご無沙汰しております、サンタルチアの尾畑です。
最後にアップさせてもらったのがいつの日か忘れるくらい久しぶりな気がしますが
気にしない気にしない。

今回はご報告させてもらおうと筆をとりました。

さる11月の13日に東京のイタリア文化会館で行われました
イタリアワインベストソムリエコンクール(略してJET CUP)
準決勝に、今年も参加させていただきました。

年に一回、イタリアワインのベストソムリエを決めるために
日本全国で予選を行い準決勝出場者10名を選びます。
今年はA.V.I から僕と石垣さん二人が出場資格を得ました。
大きな結果は残せませんでしたが・・・

しかし、去年から始めたA.V.I のメンバー中心でやってる勉強会での
日々の鍛錬とみんなで切磋琢磨しながらやったことが
今回の石垣、尾畑 両名が準決勝出場という結果に繋がったと思います。
もちろん同じ勉強をしてたメンバーもそれぞれ手ごたえを掴んだことでしょう。
この努力は決して無駄ではないということが
これからの努力は毎日の営業にいかされていくきっかけになったはずです。
来年はみんなでより高みを目指したいと思います。


関西のソムリエ、ソムリエールさん、ご興味があるならばぜひぜひ参加してくださいね。
流した汗は必ず報われます。一緒にやったりましょう。
これからの関西のイタリアワイン業界を一緒に盛り上げるために!!
[PR]
by amiciviniitaliani | 2012-11-18 23:07 | イタリアワイン

イベント続々。

 ご無沙汰してしまいました。木曜日担当、エノテカビアンキの丸谷です。

 皆さま。「ガンベロロッソ」ってご存知ですか?
 ローマにある出版社の名前ですが、この業界ではイタリアワインの評価本として、その名が知られています。
 一昔前は、この評価本で最高評価(トレ・ビッキエーリ)を取ったワインは軒並み品薄になり、価格がどーんと跳ね上がる、なんていう現象があったくらい、影響力のある評価本です。

 「イタリアワイン3000年」というイベントのひとつとして、そのガンベロロッソが主催の、ワインイベントがここ大阪で初めて開催されました。
 初めてということもあり、予定していた300名を大幅に上回り、700名以上の業務関係者が詰めかけ、皆さんのこのイベントに対する関心の高さが見て取れました。

 この11月にも、大きなイベントが控えていて、10月から11月にかけては、大阪の街中にイタリア人の占める割合がかなり高くなりますよ(笑)。

 それに伴い、造り手の人たちを囲んでのランチやディナーがそこここで開催されます。色んなイタリアレストランに足を運んでみて下さいね。

 僕もこないだ行ってきました。

a0209951_20261140.jpg

仔羊と野菜のシチリア風煮込み、オマール海老とブロッコリー、ジャガイモのロースト添え

 シチリア島西部、トラーパニ近郊の造り手「フィッリアート」が造る「アルモニウム」というネロ・ダーヴォラ100%のワインと合わせました。めちゃめちゃ合いました!
 最初メニューを見て、羊とオマール海老?? と思いましたが、シェフ曰く、シチリアでは結構この組み合わせをしていたらしく、柔らかい仔羊にオマール海老のプリプリした食感がアクセントになり、クセになる味わいでした。

 造り手の熱意とシェフの努力を肌で感じることができるメーカーズ・ディナーは、発見と驚きの連続です。

 是非皆さまにも、その躍動感を味わって頂きたいですね。

a0209951_20385445.jpg


 植木シェフ。マダム。
 ありがとうございました!!
[PR]
by amiciviniitaliani | 2012-11-08 20:41 | イタリア地方料理
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite