Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヴェネツィアといえばスプリッツ

 Ciao Tutti!!
お久しぶりです。サンタルチアのオバタです。

さて来週はエノテカビアンキ主催ヴェネト州のワインに特化した試飲会です。
ヴェネトにはイタリアワインといえばなワインがありますね。
すっきり辛口の白ワイン、ソアヴェ
いまや世界的に人気を博すアマローネ
そしてイタリアを代表するスパークリングワインプロセッコ。
このプロセッコを使ったヴェネチアといえばな飲み物があります
それがSpritz(スプリッツ)
a0209951_115495.jpg


オレンジ色の魅惑的な飲みもの、ヴェネト州ではたいへんポピュラーな食前酒。
その昔は白ワインとガス入りのお水を混ぜただけの単純なものでした、
今ではいろんな町でオリジナルな飲み方をされてますが
このオレンジ色のスプリッツはヴェネツィア独特のものといわれてます
アペロー(オレンジのリキュール)やカンパリとプロセッコ+ガス入りの水
を使ったものらしく少し苦味のあるシュワシュワした味わいになってます。

ヴェネチアに行く機会があればバールとは少しちがうバーカロで、(カフェとバーの違いくらいあいまいな感じですが)レストランに食事に行く前にぜひ召し上がってみてください。
まさにこの季節にはぴったりです。
[PR]
by amiciviniitaliani | 2013-06-24 01:34

集結するよ。


木曜日担当、エノテカビアンキの丸谷です。
ヴェネト州の地域別セミナーは定員オーバーの盛況ぶりでした。

石垣さんの得意とする、ワインとお料理のアッビナメント(マリアージュ)を惜しみなく、受講生に披露されていました。

受講されたレストランの方々は、それはもう! 満足げに会場を後にしていました。
(アンケート結果からもそれは見て取れました)

全国レベルで、

「大阪でイタリアン食べたら、他と比べて美味しい」

なんていう定説、夢のまた夢ではない、かも、と思わせる内容でした。
セミナーを受講された方々は早速、その経験を現場で披露されていることでしょう。

そして来週。 ヴェネト州のワイン、125種類が一堂に会した試飲会が開催されます!

日時:6月26日(水) 14時〜17時30分
場所:大阪市中央公会堂 3階「小集会室」


7月は、ヴェネト州産のワインがたくさん楽しめる月になるといいですね。
みなさまのご来場をお待ちしております。

a0209951_2359182.jpg



尚、このイベントは業務店のみの対象となりますので、一般の方は入場できません。
予めご了承ください。
[PR]
by amiciviniitaliani | 2013-06-21 00:03 | 楽しいイベント。

ヴェネトセミナー予告編☆

ご無沙汰しております。

オピューム石垣です(*^^)v

イタリアワインに携わる人達と一緒に、
掘り下げてイタリアワインを知ってみたい。

毎年2回開催されるエノテカ・ビアンキさん主催の地域別試飲会。
今回はヴェネト州。

そうです、お話できる事がいっぱいある、
あのヴェネト州。

皆、一度は飲んだ事のある、
ソアヴェやプロセッコ、ヴァルポリチェッラを生み出すヴェネト州。

ソアヴェ大試飲会が開催される訳ですが、
多くのアイテムを試飲するにあたって、
前倒しのセミナーがあるのが、この試飲会の素晴らしい所。

そのセミナーで得た情報と知識で、
試飲会に臨むのと、そうじゃないのとでは、
ワインの感じ方、捉え方も違うはず。

・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

あ~~ぁ。

自分でハードル上げちゃった。

そう、今回のセミナー講師は私です。


私のもっとうは。

『身の丈に合った事しかしません!!!!』

私が働くオピュームでは、
ソムリエにお任せ頂くグラスワインセットが存在します。
もう、やり始めて7年ぐらい経つでしょうか。
今や、ボトルで頼むお客様はグループのお客様ぐらい。
ほとんどのお客様は、お料理に合わせるソムリエセットのオーダーです。

お料理は、おまかせコースだけなら良いのですが、
プリフィクスのコースや、アラカルトのお客様。
もちろん、召し上がってるお料理が違います。
多少のお好みも伺いながら進めますので、
毎晩ライブ感満載のアイテム選びが繰り広げられます。

ワインはイタリアの水と太陽と気候風土、
食されるお料理や、その歴史背景
作った人の想いなどがいっぱい詰まった液体。

難しい話は、楽しい食卓には必要ありませので、
お客様がほんの少し、日本に居ながらイタリアを感じる事が出来るように。
イタリアワインだからこそ、ソムリエセットは完成度が高くなると信じています。

今回のテーマはヴェネト州。
来場して下さった皆様にも、ヴェネトを感じながら、
私が得意とする、お料理とワインの合わせ方や、
翌週の試飲会が楽しくなる様なお話をしたいと思います。

a0209951_1811051.jpg

[PR]
by amiciviniitaliani | 2013-06-12 18:12 | イタリアワイン

イタリア地域別ワイン会・セミナー

私たちAVIは、一人でも多くの方々と
イタリアワインの楽しさを共有すること、
そして、イタリアワインに携わる若い方々に、
知識向上と経験の場を提供し
今後の活躍をサポートしていく事を
コンセプトとしています。

その活動の一環として
エノテカビアンキ主催の地域別ワイン会があります。

通常のワイン試飲会では体験できない
限られた ひとつの地域での
比較テイスティングに重点を置くことで
テイスティング能力を磨くこと、
個性豊かな各地域の理解を深めることを目的として
毎回、講師を招いたセミナーと
試飲会が開催されます。

第5回目を迎える今回はヴェネト州。
6月18日(火)大阪市中央公会堂にて
セミナーが行われます。
今回の講師は、AVIの主宰者である
イタリア料理オピュームのソムリエール石垣亜也子さん。

多彩なワインを産するヴェネト州の魅力と
レストランでのサービスの在り方、
郷土料理とのマリア―ジュなど、
彼女ならではのサービス精神旺盛なセミナーとなるでしょう。

6月26日には
そして同コンセプトで
輸入元23社、なんと125種類のヴェネトワインを
集めた試飲会も開催されます。

業務店限定の試飲会ですので
一般お客様にはご参加いただけませんが
おそらく、参加されたレストランの皆様が
ヴェネトワインに魅了され、
来月あたりに、あちらこちらのお店で
飲める機会が増えるはずです。

セミナーのお席も残り僅かです。
詳細はエノテカビアンキ・ブログにも掲載されていますので
ご確認ください。

エノテカビアンキ・ブログ


a0209951_029220.jpg

[PR]
by amiciviniitaliani | 2013-06-12 00:37 | お知らせ

ワインセラーの選び方。

こんにちは。
ピアノピアーノ池田です。

先日、熟成ワインを保管している
ワインセラーが
故障しました。
現在の店舗に移転した時に購入したので
なんと、約20年ものです。

メンテナンスを呼んだところ
やはり寿命とのコト。

各種ワインセラ―のカタログで
急いで、予備知識を仕入れました。

高価なんですね。。。やっぱり。

ワインにとって
一番大事なことは、安定した温度管理。

そして、コルクを乾燥から守る湿度。
カビの発生を防ぐ新鮮な空気の対流。

デイリーに飲むワインであれば
温度管理さえ、キッチリしておけば
問題ないので
比較的安価なワインクーラーでも
十分です。

しかし長期熟成が可能なワインを、じっくり
飲み頃を迎えるまで保管したい!! となると
やはり、振動も少ない静かなセラーで
ねかせて置くのが、ベストです。

先日、周年のイベントで
10年以上ワインセラーから
全く動かしていなかったヴィンテージワインを
何本か空けましたが、
驚きました。

どれも20年もの熟成を経たワインとは
思えないピュアな果実味。
ボトルのなかで、穏やかに
ゆっくりと時間が流れているんです。

ですが、ほとんどの場合は
そこまで我慢出来なくて
空けてしまうんですけどね。

さて、どんなセラーを買いましょうか。。。

a0209951_16552099.jpg

[PR]
by amiciviniitaliani | 2013-06-07 16:56
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite