Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

サルデーニャへ いこう~サルデーニャ島の食文化~

サルデーニャと日本をつなぐ
「コノミタリア」のリチャ・ボエさんに
サルデーニャ島の観光スポットで味わうことのできる
オススメの郷土料理を教えていただきました。

「古代フェニキア人の町の遺跡 タロス」
西サルデーニャの中央にあるカブラス。
今の時期には「コルサ・デリ・スカルツィ」という
聖人サルヴァト―レを称えた裸足祭りが行われます。
ここは島一番のボラの産地。
カラスミのスパゲッティ(Spaghetti alla bottarga)

a0209951_175818100.jpg


そして、カブラスで獲れたマグロのカルパッチョ(Carpaccio di tonno)なども楽しめます。

「サルデーニャの州都 南サルデーニャのカリアリ」
Fregula cozze e arselle
アサリとム―ル貝のフレーグラ
Malloreddos alla campidanese
ニョケッティみたいなパスタ(マッロレッドゥス)に
ソーセージ、サフラン、ペコリーノチーズを加えたトマトソース

フレーグラも、マッロレッドゥスもサルデーニャを代表するパスタ。
フレーグラは、硬質小麦に水や卵を合わせて
掌で粒状にこすり合わせたものを、
トーストしたパスタで、金平糖のような形。

a0209951_1741446.jpg


実はサルデーニャは、個性的なパスタの宝庫です。

「地元の人に愛される美しい海岸 オロセイ湾」
西サルデーニャに位置するオロセイ湾
ここでは、子豚の丸焼き
Porcetto allo spiedo
フリーペーパー「イタリア好き」のサルデーニャ特集では
リチャさんのご家族と、このお料理も紹介されていました。
そして
Culurzones
ジャガイモとリコッタチーズのラビオリ。
こちらが、そのラヴィオリ。
a0209951_1292461.jpg


サルデーニャの内陸、ヌオーロ県ビッティで
代々羊飼いをしてしているお家で育ったリチャさん。
こちらは、
Zuppa gallurese
羊の出汁で仕上げたパーネ・カラサウのグラタン
a0209951_142698.jpg


どれも、見た目は素朴ながら
その土地の特徴を表した素晴らしい郷土料理の数々。

AViNOFESTA のイベント冊子でも
サルデーニャの神秘のチーズ「casu marzu カース・マルツゥ」の事など
ガイドブックには載っていないサルデーニャのお話をきいてみました。

「コノミタリア」では、サルデーニャをもっと楽しみたい方々へ
セミオーダーの旅行プランや、旅の通訳
ワイナリーへのアテンドなど、あなた好みのイタリアツアーを
ご提案しています。

日本語のホームページもありますので
是非、覗いてみてください。
a0209951_214483.jpg


コノミタリア
http://www.conomitalia.com/
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-09-19 02:02 | アヴィフェスvol.5島ワイン

【アヴィノフェスタを楽しもう☆≪帽子屋BAR コッポレッタさん出展☆≫】

9月28日(日)中央公会堂で開催イベント
アヴィノフェスタvol.5島ワイン シチリア・サルデーニャ
※1部はチケット完売しております

≪帽子屋BAR コッポレッタさん出展☆≫
a0209951_1482626.jpg

シチリア生まれのハンチング帽“コッポラ”をご存知でしょうか?
その昔、シチリアで作業帽として愛用されたコッポラは、
今やイタリアファッションの定番として愛されています。
AViNOFESTAvol.5イベント会場では、
“帽子屋BARコッポレッタ”店主中村さんの
興味深いコッポラのお話を伺いながら購入する事ができます。
是非、会場でシチリアの文化にも触れてみてください。

【帽子屋BAR コッポレッタ】
 ・住所 :大阪市北区豊崎3-6-4アクティ北梅田1F
 ・電話番号 :06-6375-5286 
 ・ホームページ :http://www.coppoletta.jp/

a0209951_1492045.jpg


≪お店コメント≫
帽子屋BAR コッポレッタはイタリア・シチリアのスタイルのハンチング帽『コッポラ』専門の新しいイタリア文化の発信地として2007年にオープンしました。
当店のコッポラは、シチリアで買い付けてきた製品と
店主自ら厳選した生地を使用した日本の職人による完全手作りの
オリジナル商品で、クオリティの高さには自信があります。
細部にわたってこだわりを見せた仕上がりは、
本場イタリアのコッポラを日本人の骨格に合うよう
リデザインしてあります。様々な色柄や素材を使用したコッポラは
見ているだけでも楽しいですが、帽子に興味がなかった方や、
今まで帽子は似合わないと思ってきた方ですら手にとって試してみたくなるほどのたくさんの品揃えで、きっと皆さんに合う一点が見つけられるはずです。

a0209951_1495055.jpg


アヴィノフェスタイベント情報はこちら
http://avisupporter.jimdo.com/
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-09-18 14:12

【アヴィノフェスタを楽しもう!!】 イチオシ☆島ワイン~Aブースモンテ物産㈱~

ワインブースでは沢山のワインが楽しめます
Aブースで楽しめるモンテ物産さんの
イチオシ島ワイン情報が届きました(*^^)v

まずはシチリアのスプマンテで乾杯!
そしてシメはシチリアとサルデーニャのフルボディで
島ワインを堪能してください!!

a0209951_13464728.jpg


≪スプマンテ≫
A-1 ドゥーカ・ディ・サラバルータ・ブリュットNV
生産者 ドゥーカ・ディ・サラバルータ
  グラス¥200/ボトル¥2351(税込)

a0209951_1347962.jpg



アヴィノフェスタインターネットチケット申し込みは
HPをご覧ください。http://avisupporter.jimdo.com/
≪1部完売/2部のみチケット有≫
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-09-18 13:47 | アヴィフェスvol.5島ワイン

サルデーニャ島へ いこう ~コノミタリア~

イタリア半島の西側、フランス領であるコルシカ島の南に位置する
地中海で2番目に大きな島 サルデーニャ島。

a0209951_2221357.jpg


四国とほぼ同じ大きさながら、
人口約165万人というので
人より羊の方が多いという噂は、きっと本当でしょう。。。
(ちなみに、大阪市の人口は 270万人弱)

都会的でありながら、歴史のある州都カリアリをはじめ、
ヨーロッパのセレブを虜にする美しい海岸。
豊かな自然はもちろん、
様々な民族の文化が交差した異国情緒溢れる港町や
古代遺跡など、その見どころは満載。

今回は、食とワインを通じて
イタリアと日本をつなぐ「コノミタリア」を立ち上げた
リチャ・ボエさんに、
彼女の出身地であるサルデーニャの魅力を教えていただきました。

a0209951_16161712.jpg


まず、サルデーニャに行くには
どうしたらいいでしょう?

飛行機なら、ローマかミラノ経由で
サルデーニャのカリアリ、オルビア、アルゲーロの空港へ。


船なら、ジェノバか、トスカーナのリボルノ、
ローマのそばにあるチビタベッキアの港から乗ると
北サルデーニャのポルトトーレスかオリビアの港に着きます。


初めてのサルデーニャ!!
リチャさんのオススメの観光スポットを、
簡単な解説と共にご紹介。

「タロス」
サルディーニャ島の西海岸のほぼ中央に位置し、
紀元前8世紀ごろ、フェニキア人によって作られ
その後、ローマ人によって発展した町の遺跡。

海から丘に向かって町が続き、
遺跡の中央部には下水が完備されていたり
内部には神殿や一般人の住居、
貴族の住居、貯水設備、浴場などが整備。
古代ローマの文明の高さを感じられる特別な場所。

「カリアリ」
島の南部カリアリ湾を望むサルデーニャの州都。
町は2000年以上にわたって、様々な民族の征服による影響を受け
それぞれの時代の文化の爪痕が、
遺跡や教会など、街並みに色濃く残っています。

先史時代の先住民ヌラーギの文化や
その後の古代文化を知るための貴重な資料を保管する
国立考古学博物館Museo Archeologico Nazionaleは
サルデーニャを知るには、是非 訪れたいところ!!

「エスメラルド海岸」
世界屈指の高級リゾート地。
ヨーロッパのセレブが 日中は、ヨットなどで
透き通った海で優雅な時間を過ごし
夕方になると町に戻るので、
軒を連ねた高級ブティックが
午後6時くらいからオープンするとか...

「オルセイ (Golfo di Orosei) 」
真っ白な石灰岩の切り立った断崖に、
発色しているかのようなターコイズブルーの海。
なんと、40キロも渡って道路や建物が全くない
手つかずの自然が広がる海岸なのだそう。

次は、各地のオススメ郷土料理をご紹介します。
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-09-16 16:27

【アヴィノフェスタを楽しもう!!】イチオシ☆島ワイン~Oブース㈱モトックス~

ワインブースでは沢山のワインが楽しめます
Oブースで楽しめるモトックスさんの
イチオシ島ワイン情報が届きました(*^^)v

こんちには!
モトックスの営業西崎です。

今回イベントで出展するワインの中から、オススメを一つご紹介いたします!

ご紹介するワインは、

アジィエンダ・アグリコーラ・グルフィの
ネロマッカリ2009です!
(グラス¥300/ボトル¥6840(税込価格))

僕自身も実は2011年に訪問させて頂いた、ということもあり、
とっても思い入れのあるワイナリーです。

a0209951_1373654.jpg


こちらの真ん中がオーナーのヴィトさん。
ちょっとシャイですが、アツいパッションをもった方です。

彼が最も大切にしていること。それは、幾世代にもわたって祖先より大切に受けがれてきた大地を、次ぎの世代へもありのままに受け継いでゆくことです。

「シチーリアには古代ギリシャ時代からの遺跡も多く保存されており、イタリアで最も歴史の古い土地柄となります。2000年以上にも遡る歴史、固有の美しい文化、そして広大で豊かなるこの土地を、子供たちの世代へと受け継いでゆくことが重要。」
とヴィトさんは語ってくれました。

ワイン造りも、より自然に。
化学薬品を使用せず、酸化防止剤の二酸化硫黄の使用量も極少量に止めています。
ブドウ本来の味わいを大切にし、結果テロワールをしっかりと感じ取れるワイン達が
産まれます。

ネロダーヴォラと聞くと、皆さんのイメージは、
「果実味があって、なんだか濃いだけのワインだよね」
なんて方もいらっしゃるかもしれません。

ぜひ、一度彼のワインを飲んでみて下さい!
きっと驚くはずです!!

a0209951_1374012.jpg


a0209951_1374446.jpg


a0209951_1375074.jpg


こちらがネロマッカリの畑。
丁寧に育てられたブドウは土地の個性をしっかりと表現しています。

ネロマッカリは海抜30m。石灰質土壌と鉄分を多く含んだ土壌。
ネロサンロレの次に、4つのクリュの中では海よりに位置し、
果実味がありながらエレガントが良く表現されています。

モトックスブースではその他、
テヌータ・ディ・トリノーロのアンドレア・フランケッティが
エトナで造るパッソピッシャーロや、
カンティーネ・コローシのパッシートをご用意しております。

皆様、是非お待ちしております!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アヴィノフェスタインターネットチケット申し込みはHPをご覧ください。
http://avisupporter.jimdo.com/
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-09-16 13:09

【アヴィノフェスタを楽しもう☆~鬼界順氏フォトギャラリー】

9月28日(日)中央公会堂で開催イベント
アヴィノフェスタvol.5島ワイン シチリア・サルデーニャ

旅気分を盛り上げる会場では、
カメラマン鬼界順氏のフォトギャラリー
“Sicilia シチリア―眩惑の街角 ”の一部を展示☆
遠いシチリアに思いを馳せて会場で是非楽しんでください

a0209951_16593560.jpg


a0209951_16593853.jpg


≪鬼界順氏プロフィール≫
京都府在住。
地元関西を中心とした旅行誌の取材記者として
14年間撮影・執筆などを担当する。
個人旅行で訪れたローマの町に感動し、
以来、イタリアをテーマに撮影旅行を重ねる。
コラボレーションをはじめ、
様々なスペースで個展を開催し、作品を発表。
フリーランスフォトグラファーとして活動中。

≪次回個展告知≫
鬼界 順 写真展「MISTERO ~Umbria,Toscana e Lazio~」

開催期間
2014年10月3日(金)~2014年10月9日(木)
開館時間:10:00~19:00(最終日は14:00まで)
会場:富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース2
入場料:無料

詳細はこちら http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/14100302.html

アヴィノフェスタチケット購入はこちら☆
http://avisupporter.jimdo.com/
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-09-12 17:00 | アヴィフェスvol.5島ワイン

【アヴィノフェスタチケットお早めに☆】

9月28日(日)中央公会堂で開催される
アヴィノフェスタvol.5島ワイン シチリア・サルデーニャ
チケットはもう購入済みですか?

今週、来週、ラジオ2局でイベント告知されちゃいます☆
≪FM 802 ≫
番組名【Ciao Musica(DJ 野村雅夫さん)】
放送日時12日(金)

≪FM OSAKA≫
番組名【Double-E】放送日時 
21日(日)

アヴィノフェスタ行こうかなぁ~と検討されてる方、
お早目のご購入を!!

a0209951_189699.jpg



インターネット購入/チケット販売店66店舗確認はこちら
http://avisupporter.jimdo.com/

年に一度の、イタリアワインの旅。
是非、楽しんでくださいね☆
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-09-11 18:09 | アヴィフェスvol.5島ワイン

【アヴィノフェスタを楽しもう!!】 イチオシ☆島ワイン~Sブース㈱稲葉~

ワインブースでは沢山のワインが楽しめます
Sブースで楽しめる稲葉さんの
イチオシ島ワイン情報が届きました(*^^)v

ヴィニエティ ザブ
イル パッソ2012
グラス¥100/(ボトル販売価格¥2160(税込))

a0209951_17322425.jpg


a0209951_17323184.jpg



紹介文
ファルネーゼグループよりヴィニエティ ザブ(シチリア)のイルパッソがイチ押し!シチリアのアマローネとも称され、ルカ・マローニ誌で、94点という驚愕なスコアを獲得!!ネレッロ マスカレーゼは畑で乾燥させその後、ネーロ ダーヴォラを発酵させたタンクに入れ、リパッソのように再度発酵させます。滑らかな口当たりと、果実そのものがもつ甘みが弾ける様に広がります。シチリアの太陽をいっぱい浴びた葡萄の完熟した味わいをぜひお楽しみください!

アヴィノフェスタインターネットチケット申し込みはHPをご覧ください。
http://avisupporter.jimdo.com/
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-09-11 17:35 | アヴィフェスvol.5島ワイン

【アヴィノフェスタを楽しもう!!】 イチオシ☆島ワイン~Tブースメイワ㈱~

ワインブースでは沢山のワインが楽しめます
Tブースで楽しめるメイワさんの
イチオシ島ワイン情報が届きました(*^^)v

チロ・ビオンディ
オウティス・エトナロッソ '08
グラス¥200/(ボトル販売価格¥4860(税込))

a0209951_1743610.jpg


ビオンディ社はエトナ東南部、
トレカスターニにあるワイナリーです。
1800年後半に設立され、1900年代前半に現在の当主である
チロ・ビオンディの祖父であるチリーノ・ビオンディにより
大きく飛躍しました。

a0209951_1743969.jpg



オウティス・エトナロッソが造られるぶどう畑は
標高650mから800mに位置しており、
独特のミクロクリマにより、
ミネラルにあふれた酸の穏やかな味わいをもたらします。
赤い果実の香りと豊かな果実味、
また、バリック熟成によるエレガントで滑らかな余韻があります。
2008年ヴィンテージは程よい熟成感も出て、
酸が柔らかくなっており今が飲みごろとなっています。

a0209951_1755213.jpg



アヴィノフェスタインターネットチケット申し込みはHPをご覧ください。
http://avisupporter.jimdo.com/
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-09-10 17:05 | アヴィフェスvol.5島ワイン

【アヴィノフェスタを楽しもう!!】 イチオシ☆島ワイン~Rブース㈱Vino Hayashi~

ワインブースでは沢山のワインが楽しめます
Rブースで楽しめるVino Hayashiさんの
イチオシ島ワイン情報が届きました(*^^)v

生産者:デッペール
ワイン名:イゾラ・デイ・ヌラーギIGT ネッビオーロ ”ディニュ”
品種:ネッビオーロ100%
グラス¥200/(ボトル販売価格¥4536(税込))

a0209951_1754545.jpg


珍しいサルデーニャ島のネッビオーロ種。
ネッビオーロ種からは、イタリアを代表するバローロやバルバレスコ等の赤ワインが造られますが、
なんと”ディニュ”はその黒ブドウを白ワインとして醸造した非常にユニークで稀少なアイテム!
ラムネやカモミールなどの華やかな風味とミネラル感が特徴の
サルデーニャの青い海と爽やかな風が感じられる1本!

a0209951_1755105.jpg


a0209951_17551635.jpg



アヴィノフェスタインターネットチケット申し込みはHPをご覧ください。
http://avisupporter.jimdo.com/
[PR]
by amiciviniitaliani | 2014-09-09 15:21 | アヴィフェスvol.5島ワイン
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite