Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

アヴィノフェスタ旅企画!~河井麻子さんがお届けするアブルッツォ州編②~

昨日に続き、河井麻子さんのアブルッツォ州の料理や、レストランのご紹介です!

Q5 アブルッツォの郷土料理を教えてください。

  またそれを食べる事のできるレストランのおすすめもあれば、教えてください。

なんといっても、仔羊肉の串焼き『Arrosticini(アッロスティチーニ)』です!串に仔羊肉を刺して、炭火で焼くシンプルな料理なんですが、目の前で炭火焼きにした仔羊の串焼きを食べて頂きたいです。友人たちとワインを酌み交わしながら食べるアッロスティチーニは、ほんと美味しいです。あとは、パスタのキタッラです。chitarra(キタッラ)はイタリア語でギターのこと。19世紀の中ごろにアブルッツォ州のラクイラが起源といわれるそうです。木箱にギターのような弦が張られ、その上に伸ばしたパスタ生地を押し当てて、パスタを麺上に切って作る。そのため麺の断面が正方形をしているのが特徴。友人の家にお邪魔した時にも食べたのですが、ソースはここでも仔羊です。

レストランは、アッロスティチーニを食べるならカンポインペラトーレ高原にある『Ristoro Mucciante リストランテ ムッチャンテ』がおすすめです。高原の向こう側には、アペニン山脈でも最も高い山塊グランサッソが美しく見える壮大な場所に位置します。アブルッツォの伝統料理キタッラなどを食べるなら、ペスカーラから50km程内陸に入ったマイエッラ山麓の街、グァルディアグレーレにある『Villa Maiella ヴィッラ マイエッラ』です。そして、この街に存在するユニークなネーミングがついたお菓子『Sise delle monache(修道女のおっぱい)』別名『Tore Monti(三つの山)』は、シュークリームの様なお菓子で、中にカスタードクリームがたっぷり入っていて、粉砂糖がかかった伝統的なお菓子も是非楽しんでください。

Q6 ワインのイベントなので、もちろんおすすめワインを教えてください。

やはり、『モンテプルチアーノ・ダブルッツォ』ですね。友人達と楽しんだ思い出のワインでもあり、親しみのある味わいは、飲みやすく、楽しいワインです。そんな、モンテプルチアーノ・ダブルッツォにも色々あり、忘れてはならない偉大な生産者としては、ヴェレンティーニ、エミディオ・ペペ。(※1)そして、アヴィノフェスタにも出品される、フォッソ・コルノ(※2)は、モンテプルチアーノの上質な味わいとして発見がありました。私にとってワイナリーも訪問した思い出もあるカンティーナ・トッロ(※3)日本のアブルッツォワインを盛り上げてくれていると感じるのは、ファルネーゼ。そして、私の勤め先のワインショップで人気のザッカニーニもおすすめです。もちろん、ペコリーノ種や、パッセリーナ種から造られる白ワインも親しみやすくておすすめです。名前も可愛いですし(笑

※1モンテプルチアーノ・ダブルッツォの王者と称される造り手。

※2会場内Eブースで楽しむ事ができます ※3会場内Rブースで楽しむ事ができます

Q7 河井さんはアブルッツォに行くとどんなふうに過ごしますか?

とにかく、自然に触れて、大好きな人に触れて、飲んで、食べて、笑って大好きな場所を感じて過ごします

Q8 アヴィノフェスタへ参加する方々一言お願いします。

アヴィノフェスタで楽しめるアブルッツォのワインは、モンテプルチアーノが主となると思います。近隣にもモンテプルチアーノから造られる赤ワインがあると思うのですが、愛情深いアブルッツォの人達が大自然の中で造ったワインは、きっと、親しみやすいワイン達だと思います!会場で、複数の地域のモンテプルチアーノを、そして、愛情深い人達によって造られたワインを体感して頂ければ嬉しいです。

<プロフィール>

河井麻子(かわい あさこ)

6才~10才までミラノで過ごし、語学勉強の為、数回渡伊を繰り返す。その後、アカデミーデュヴァンの勤務でワインの面白さに開眼し、ワイン・エキスパートを取得(その後アドバイザー現ソムリエを再取得)。様々なご縁から得たワインの経験を活かし、現在、タカムラ ワイン ショップで日々ワインに囲まれる仕事場で活躍中!

<アブルッツォ州までのアクセス>

ローマキエーティプルマン(高速バス)で23時間

ボローニャペスカーラ電車(trenitalia

関西空港からドバイ経由ローマ、ボローニャへが便利

エミレーツ航空で快適な空の旅をお過ごしください

インタビュアー 石垣亜也子


[PR]
# by amiciviniitaliani | 2017-10-13 20:57

アヴィノフェスタの隠された目玉企画!往復航空券をゲットせよ!!


アヴィノフェスタの楽しみ方は色々ありますが、、、
私的にワクワクするのは、、、、『抽選会』!!

『そんなん知ってまっせ』という方も多いですが改めて簡単に御説明。
約150種類の当日出展ワインを
ウンブリア』『マルケ』『アブルッツォ』『モリーゼ』の4州、
そして主要品種である『ヴェルディッキオ』『モンテプルチァーノ』と
大きく6つに分類し、スタンプ欄を作ったカードをお渡しします。
ワインをブースでお楽しみいただくとスタッフの人が該当箇所にAVIスタンプを押してくれます。

5種類のスタンプが集まれば応募券となります。
裏面のアンケートを記入し抽選会ブースにお持ちいただくと、
抽選で素敵な賞品がその場で当たります。
(アンケートの回答のない場合は、ご応募いただけません。)

景品はワインやソムリエナイフや、エプロンなど。
ハズレ無し!?というぐらいのボリュームでプレゼントを御準備しています。

a0209951_20585327.jpg

が、これは一昨年までのハナシ。
昨年からはビッグなダブルチャンスが用意されているのです。
エミレーツ航空さまの太っ腹な御協賛で実現できたこの企画。

イタリア往復航空チケット!
しかも、、なんとペアで!!

1部&2部の抽選参加者で『あぁ、イタリア外れた』と思った方、違いますよ。
全員にチャンスがあるのです。
2部終了の少し前でビッグチャンスの抽選会を行います。
航空券が欲しい方はこれまでに抽選を済ませてください(通常の抽選はラストまでOKです)
ここまでの全ての抽選券を集めた箱からエミレーツ航空の方に1枚、引いていただきます。


a0209951_20585066.jpg

























a0209951_20585449.jpg
この時は当選者が会場にいらっしゃいませんでした。
、、ので後日、電話で御連絡をすることに。。

  僕:『アヴィノフェスタの実行委員ですが、、』
お客様:『はい(明らかに怪しむ感じ)』
  僕:『イタリア往復航空券に当選しました!』
お客様:『、、、、、、、、』

そりゃ驚きますよね。
事情をご説明し、商品をお受け頂く事にも了解いただき、改めて目録の授与式を行いました。
a0209951_20585155.jpg
a0209951_20585251.jpg
この時にやっと実感が湧いてこられたのでしょう。テンション上がってきてましたよ。
しかも奇しくも御結婚20周年の御夫妻が当選でした。
初のイタリア旅行という事で後日、僕の店にお見えになり、
旅の相談を経た上で初のイタリア旅行へ旅立たれました!
a0209951_20232527.jpg
a0209951_20232624.jpg
a0209951_20232605.jpg
a0209951_20232540.jpg
自由旅行を存分に楽しまれたようで良かったです。
さらにイタリアを好きになってもらえたかな。


こんな素敵な賞品がなんと数百分の一の確率で当たってしまうんです!
今年もアヴィノフェスタに参加、そして抽選権をゲットしてイタリアへ!!!
そして裏の楽しみとして乗換都市のUAEのドバイで一旦、滞在して2ヵ国を楽しむことも!
(ご当選のM様、写真提供と掲載承諾ありがとうございました)


More
[PR]
# by amiciviniitaliani | 2017-10-12 18:42 | 楽しいイベント。

アヴィノフェスタ旅企画!~河井麻子さんがお届けするアブルッツォ州編①~

こんにちは!今日はインタビューよろしくお願いします。

まずは、アブルッツォ州の紹介をお願いします。

地理的にはローマの東側にありイタリア中部に位置し、アペニン山脈の中でも標高が高い山々が存在する州がアブルッツォ州です。例えば、アブルッツォ州を代表するグランサッソ(2912m)、マイエッラ(2395m)。多くの国立公園も存在し、雄大な山々と手付かずの自然が残る『緑の豊かな州』です。とは言っても、アドリア海にも面しているので、山へも20分!海にも20分!という自然好き、海好きイタリア人にとっては楽園の様な所です。

Q2 河井さんとイタリア、アブルッツォのつながりを教えて頂けますか?

もともとは、父の仕事関係で幼稚園~小学校4年生まで4年間ミラノに住んでいました。その後、帰国したのですが、イタリアは常に私の傍にあり、イタリアで過ごした思い出は消える事がありませんでした。そして、18歳の時パドヴァへ1ヶ月ほどイタリア語の勉強も兼ねて渡伊、その数年後には、トスカーナのモンテプルチアーノへ1ヶ月滞在している時に友人が住んでいたアブルッツォ州に出会いました。

Q3 河井さんにとってのアブルッツォの魅力はどんなところですか?

“雄大な自然”と“人”ですね。今まで、イタリアの色々な所へ滞在いたしましたし、アブルッツォと出会ってからも、父の仕事を手伝っていた時期は、年に2度イタリアへ足を運んだり、シチリアのエトナにも魅了されましたが、アブルッツォの人達の愛情の深さと大きさに心惹かれてしまっています。自然と触れている人達は、心豊かで、愛情深く、それは、自然が生み出した人柄の様に思います。ミラノに滞在している時は、友人の自宅に招かれたり、レストランで会ったりします。それは、私にとってもちろん嬉しい事であり、楽しい時間に変わりはないのですが、アブルッツォで過ごす友人達とは、自然の中で過ごす事も多く、壁がないように感じ、心から笑って楽しめる場所なんです。私が自然好きだからかもしれませんが。そして、今回、インタビューを受けるにあたり、色々アブルッツォで過ごした日々を回想し、魅了され続けていることを再確認しました。今、無性に旅立ちたくなってます(笑 石垣さん、ありがとうございます!

                               今回取材をお願いしました河井麻子さん

Q4 街の見どころや観光スポットはどこですか?

何度も言いますが、“大自然”です(笑 グランサッソや、マイエッラに残る手付かずの自然の魅力はイタリアの中でもアブルッツォでしか経験出来ない事だと思います。気軽にハイキングもできますし、冬にはスキーも楽しめます。ウィンターシーズン、サマーヴァケーションとも、隣国から多くの観光客が訪れるそうですよ。あとは、ラクイラにある標高1460m山の頂に建つ城砦ロッカカラッショにもぜひ!約1000年前に建てられたという城跡は、部屋の一部や窓の一部、よく見ると浴場や台所のような跡もあり、景色もとても良い所です

今日はここまで。

明日は、お勧め料理や、現地のレストランなどをご紹介いただきます!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<プロフィール>

河井麻子(かわい あさこ)

6才~10才までミラノで過ごし、語学勉強の為、数回渡伊を繰り返す。その後、アカデミーデュヴァンの勤務でワインの面白さに開眼し、ワイン・エキスパートを取得(その後アドバイザー現ソムリエを再取得)。様々なご縁から得たワインの経験を活かし、現在、タカムラ ワイン ショップで日々ワインに囲まれる仕事場で活躍中!


[PR]
# by amiciviniitaliani | 2017-10-12 13:33

アヴィノフェスタ旅企画!~連久美さんがお届けするマルケ州編②~

昨日に続き、連久美子さんのマルケ州の料理や、レストランのご紹介です!



Q6 マルケ州の郷土料理を教えてください。またそれを食べる事のできるレストランのおすすめもあれば、教えてください

南北に長く、海も山もあり、使う食材も多種多様で、様々な料理が楽しめるのもマルケ州の魅力の一つです。海側で楽しめるお料理はやはり海の幸が中心となり、イタリア各地海岸沿いに行けば、魚介の煮込み料理が存在します。マルケでは『ブロデット』と呼びます。エミーニア・ロマーニャ州に近い北側では、パスタにパルミジャーノ・レッジャーノを練りこみ、ブロードに浮かべる伝統出来な料理パッサテッリ。アブルッツォ州に近い南側では、オリーブの実にひき肉を詰め込んだ『オリーヴェ・アッラスコラーナ』。マルケ料理の郷土料理として名高い『ポタッキオ(ウサギの煮込み)』や、ラザニアの原型とされる内臓などを使った『ヴィンチスグラッシ』などがあります。そして、イタリアの有名ブランド牛と称されるマルキジャーナも、ここマルケのおすすめ食材です。

マルケ州は観光向けではないレストランばかりなので、基本どこで召し上がって頂いても楽しんで貰えます。おすすめのレストランは、セッラ・デ・コンティという町にある、私が働いていたリストランテ「コークス・フォルナチス」ですね。マルケの料理を提供しているので、間違いなくマルケ料理は食べられます。とにかく、マルコ・ジェコメッリシェフの料理は何を食べてもおいしいです。B&Bもあるので宿泊もどうぞ!ただ、シーズンオフは週末しか営業していないので、お気を付け下さい(笑

Q7 ワインのイベントなので、もちろんおすすめワインを教えてください。

これ、困りますね(笑 仲良くしているワイナリーの人達を想うと。

そうですね。マルケの中で数多くの白ワインを作るヴェルディッキオ種はお勧めです。フレンドリーなワインから、30年に耐えうるワインを産みだす事の出来るイタリアの白ワインの中では類を見ないが誇るべきマルケのブドウ品種だと思います。

そして、ビアンケッロ種から造られる白ワインも、軽いお料理に合うタイプや、マルケのウサギ料理に合うしっかりとしたタイプまで楽しむ事が出来るワインもお勧めです。

Q8 連さんのお店“ラ チチェルキア”について教えてください

靭公園の近くでお店をやっています。店名になっているチチェルキアとは、私がマルケで働いていたお店のある街セッラ・デ・コンティ特産の豆の一種です。日本名では『連理草(レンリソウ)』と呼び、私の名前『連(むらじ)』の文字も入っているんです。お料理はもちろんマルケの料理、そしてマルケのワインを楽しんで頂けるお店です

お店情報

・店名: Osteria La Cicerchia

・所在地:大阪市西区京町堀2-3-4 サンヤマトビル 3

・アクセス:大阪市営地下鉄「肥後橋駅」7番出口から徒歩約8

TEL06-6441-0731

・営業時間:11:3014:00LO)、18:0020:30LO

・定休日:不定休

8)アヴィノフェスタへ参加する方々に一言お願いします。

マルケよいとこ一度はおいで!

<プロフィール>

【連久美子(むらじくみこ)】

東京「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」で3年働いた後、長野で農業を体験。スローフード協会が設立したItal.Cook(イタルクック)にイタリア伝統料理を学ぶび、マルケの食文化に魅せられ、現地のリストランテで1 年半修業。帰国後、ソムリエ、シニアソムリエの資格を取得し、125Osteria La Cicerchiaをオープン。

<マルケまでのアクセス>

ローマ~アンコーナ 

電車ユーロスターで3時間 

インターシティで34時間


関西空港からドバイ経由ローマ、ボローニャへが便利

エミレーツ航空で快適な空の旅をお過ごしください


[PR]
# by amiciviniitaliani | 2017-10-11 11:39

アヴィノフェスタ旅企画!~連久美さんがお届けするマルケ州編①~

Q1 こんにちは!今日はインタビューよろしくお願いします。

  まずは、マルケ州の紹介をお願いします。

イタリア中部アドリア海沿岸に位置し、縦に長い州がマルケ州です。州都アンコーナは真っ青なアドリア海に面し、静かで美しい“ルンゴマーレ”と呼ばれる長い海岸があります。ヨーロッパの中でも屈指のリゾート地として知られ、多くのイタリア人やヨーロッパの人達が夏のバカンスを楽しんでいます。マルケの海岸は環境や安全管理などの基準を満たした海水浴場の国際的な環境認証ブルーフラッグ(伊名バンディエーラ・ブル)の認証も受けているんです。また、内陸に入れば穏やかな丘陵地もあるので自然豊かな州でもあり、東西南北違う文化が点在し、多種多様なお料理も楽しめます

Q2 連さんとマルケ州のつながりを教えてください

マルケ州イエージにあるスローフード協会が設立したItal.Cook(イタルクック)にイタリア伝統料理を学ぶ為に行ったのが、最初のマルケとの出会いです。2か月学校に通い、その後、ヴェネト州で4か月過ごし、またマルケに戻りました。

Q3 マルケに戻ろうと思った魅力はどんなところですか?

マルケの料理が美味しかったんです。学校では20州全てではないですが、主要な州の伝統料理を学ぶなか、マルケ料理の先生が作るお料理が食べていて疲れない料理で、本当に美味しかったんです。パスタ料理もとてもユニークで、昔貧しい土地だったこともあって、小麦100%だけで作る事ができず、そら豆の粉や、栗の粉をいれたりしたりするので、他の州にはない魅力があります。そして、そこから1年マルケで過ごしました。

今回取材をお願いしました連久美子さん

Q4 沢山の州を渡り歩く事もできたけど、なぜマルケに1年過ごそうと思ったの?

丁度、戻った時、通っていた学校のマルケ料理を教えてくれる先生がお店を開くというので、そこで働く事になり、気が付けば1年マルケで過ごしていました。やはり、1年の季節を通して同じ場所を見ないと、その場所を知っているとは言えないな。と思う気持ちがあったんです。そしたら、自然とマルケにはまっていました。料理や、ワインももちろん魅力的なんですが、とにかくいい人が多いです。私がマルケの皆さんにして頂いた事を、逆の立場になったときに出来るか。と思った時に、本当にマルケの人達は熱い想いを持った、優しい人達が多い事に気付きました。その人達がいる事も私にとって大きな魅力だと思います。

Q5 マルケ州おすすめの街、見どころや観光スポットはどこですか?

有名な所は15世紀に芸術の中心だった世界遺産ウルビーノという街が有名でもちろんお勧めですが、マルケには小さな街が点在し、ゆったりとした時間を楽しめます。マルケの紹介でもお話しした、アンコーナの美しい海岸沿いはぜひマルケにしかない景色ですので、訪れてほしいと思います。マルケ北側に位置する伝統工芸テラコッタ(陶器)が有名なフラッテ・ローザ。カトリック巡礼者の聖地でもあるキリストが暮らした『聖なる家』が存在する歴史的にも興味深いロレート。そして、街の可愛さに魅了され、ゆったりとした時間が流れるアスコリピチェーノ。みなさんに触れて、感じてほしい街ばかりです



今日はここまで。

明日は、お勧め料理や、現地のレストランなどをご紹介いただきます!


---------------------------------------------------------------------------


<プロフィール>

【連久美子(むらじくみこ)】

東京「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」で3年働いた後、長野で農業を体験。スローフード協会が設立したItal.Cook(イタルクック)にイタリア伝統料理を学ぶび、マルケの食文化に魅せられ、現地のリストランテで1 年半修業。帰国後、ソムリエ、シニアソムリエの資格を取得し、125Osteria La Cicerchiaをオープン。


[PR]
# by amiciviniitaliani | 2017-10-10 17:15
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite