Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

~ ライオロ・グイド・レジニン の巻 ~

 
 大阪はおろか、日本に来るのが初めてというパオロさんは、まじめで愛妻家。そして例に漏れず、サッカー大好きのイタリア男子です。
 パオロさんはその前日、京都観光を満喫。お好み焼きが食べたいという彼の願いも、堂島Tさんで叶ったようです。

 レストランのアイドルタイムに、市内のお店を8軒ほど回り、彼のブドウと言ってもいい バルベラを3種、比較テイスティングして頂きました。

a0209951_9574617.jpg


 3アイテムとも スタイルの違うバルベラですが、共通しているのは、「素直」 。そう、パオロさんの人格そのものです。

 ダ・スールは樹齢60年を越えるバルベラから造られる。セメントタンクと700Lの中樽を熟成に使用。名前はピエモンテの方言で、イタリア語では「ダ・ソーロ」。「醸造担当者や販売担当を置かない家族経営だから」というパオロさんが一番好きなワインです。

 スリスは、ダ・スールと同じ畑にある樹齢65~80年のバルベラより。700Lの古樽で熟成させた、彼の自信作です。この名前も同じく方言で、イタリア語では「ソッリソ」、「微笑む」という意味で、このワインができた時、思わずそうなったことから。

 写真にはありませんがもうひとつ。ラ・クオティディアーナ・ロッソは、日常的に飲んでほしい、という願いから名付けられましたが、アップしにくいラベルの作者は彼のお父さんで、
「このラベルこそが、オレの日常だッ!」と採用を決めたそうです。市内のレストランで見つけたら、確認してくださいね。 注:ちなみにラベルの女性は彼のお母さんではありません(笑)。

 そんな彼のワインを飲んでいると、ワインはやっぱり 人 が造るんだなぁ、とつくづく感じます。
 それを感じて頂きたいので、テイスティングコメントは敢えて書きません。


 その日の晩ご飯は、持って歩くのがバルベラなら、ということでピエモンテ料理専門店、堂島のIDさんへ。今出ている あまから手帖 にも載っている注目のお店です。
 前菜、パスタと、郷土色満載のお料理を頂き、メインはこれ!

a0209951_9581135.jpg


 名前忘れました。すんません。「おなかいっぱい」 の状態でこれが出てきました。お肉の下には おいもさんがわんさか。それでもイタリア人はすごいですね。彼の好きな「ダ・スール」をクイクイ飲みながら、パクパク美味しそうに食べていました。そんな彼ですが、サッカーの話になると、↓

a0209951_9583423.jpg


 こんな感じで熱くなることもしばしば(やっぱイタリアーノやね)。
 そしてほろ酔いになった彼らは、夜中のキタの街に消えていったのでした。。。
[PR]
# by amiciviniitaliani | 2011-12-01 10:03 | イタリアワイン

続々来日。

 チャオ!今週担当の丸谷です。お久しぶりです!

 ロベルト・アンセルミさんが来日しましたね。尾畑さん、僕も彼のことは尊敬せずにいられません。
 同じ日、バルバレスコの造り手である ペリッセロ のオーナー、ジョルジョ・ペリッセロさんも来日していました。その3日後、同じピエモンテの造り手 ライオロ・グイド・レジニンのオーナー、パオロさんも来日、一緒に大阪のレストランを巡りました。そしてそして、更にその3日後、今度はトレンティーノから ロータリの醸造責任者 ルーチョさんが来日、食事をご一緒させて頂きました。いや~今年の11月はどうなってるんでしょうか。来日ラッシュです。

先に写真だけでも。。。

a0209951_19372745.jpg

↑ ライオロ・グイド・レジニンのパオロさん。真面目で気さくな好青年(?)でした。

a0209951_1938242.jpg

↑ 左がルーチョさん。右はアジアマーケティングマネージャーのアレックスさん。

 今週はこのふたつの来日を順にレポートします。お楽しみに!
 しっかし下のお二人、エエ笑顔やな~(笑)。
[PR]
# by amiciviniitaliani | 2011-11-29 19:44 | イタリアワイン

コンクールというもの

 Ciao Tutti!!
今週はサンタルチアの尾畑がお送りしております。

実はもう二週間ほど前になりますが、
イタリアワインを扱う商社さんの準決勝に
日欧商事さん主催の第五回JETCUP出場するために東京に行ってきました。

このコンクール
予選には何度か参加しているのですが、
準決勝の舞台に上がるのははじめての経験です。
(ちなみに去年の大阪代表はAVIメンバーの連さんです)
予選の時期がちょうどAVIの秋のミラノワインコレクションと重なるという逆境に耐え
受験メンバーは必死に頑張りました。
同じ目的をもった仲間で一緒に勉強できる、
あの時間がなければ予選通過もままならなかったと思います。
本当に貴重な時間でした。

今回このコンクールを受験し、もう一つ貴重な体験をさせてもらいました。

全国から集まるレベルの高いソムリエさんたちと触れ合える機会に恵まれたことです。
普段大阪にいては会えない方々との新たな出会い。
たくさんの刺激をいただきました。
見聞きし体験したものは後人に伝えていくのが義務である、
そんな気持ちにもなりました。
それが行く行くは皆さまお客様に対するサービスの向上になり
そしてイタリアワインの発展にもつながるかと思います。

この経験を生かし来年、再来年と未来へつなげていきたいと思います。
よろしくお願いします。

a0209951_2341886.jpg

[PR]
# by amiciviniitaliani | 2011-11-24 23:42 | イタリアワイン

出会い

Ciao!
皆さんお久しぶりです。サンタルチアのアントニオ尾畑です。

今週、東京ではイタリアワインウィークというイタリアワインのイベントが行われてます。

大阪にもこのウィークに併せてか、生産者の方々が来阪してくれました。
その中でもこの生産者のことは忘れてことがありません。
a0209951_23453124.jpg

ヴェネツィアから少し離れた地区でワイナリーを営んでる
Anselmi(アンセルミ)さんと久しぶりの再会を果たしました。
(彼がアタクシを覚えてるかどうかは知りませんが・・・笑)

なんで忘れられないかというと
初めてイタリアワインを目隠しでテイスティングして
葡萄から産地、社名までバッチリ当てたのが彼が造るワインだったんです。

それから手当り次第ここのワインを売ったのを覚えてます(笑)

そのおかげか彼と食事をする機会に恵まれたのですが、
本当にユーモラスで、女性には優しいイタリア~ンな男ですが
ひとたびワインの話になると
うちに秘めた熱い熱いパッションを感じさせる、
そんな人でした。

久しぶりにお会いし、初めてここのワインと出会ったこと、
一緒に過ごした時間、いろいろ思い出しながら
テイスティングしてました。
あの頃とは少し違う印象でしたが、これも新たなる出会い。
そこがまあワインの面白いところですよね。

a0209951_084183.jpg

[PR]
# by amiciviniitaliani | 2011-11-23 00:14 | イタリアワイン

映画とワイン

ciao(^-^)
秋の夜長、いかがおすごしでしょうか?
読書もステキですが、イタリア映画を見ながらイタリアワインなんていうのもステキです。

イタリア映画はあまり日本では見かけませんが、イタリアのチャップリンを目指したロベルト・ベニーニ監督の「ラ・ヴィータ・エ・ベッラ(ライフ・イズ・ビューティフル)」、少し昔の映画では ヴィットリオ・デ・シーカ 監督の「自転車泥棒」「ひまわり」、フェデリコ・フェリーニ監督の「ラ・ストラーダ(道)」という映画などはご存知の方もおられると思います。
イタリア映画ではありませんが、フランシス・コッポラ監督がシチリアのマフィアを描いた「ゴッドファーザー」等も有名ですね。

イタリアの映画の食事シーンなどには良くワインがでてきます。それほど普段の食生活にわいんが欠かせないからです。
フランシス・コッポラ監督に至っては、ワインは料理と合わせて飲むものという信念の持ち主で、カリフォルニアのナパヴァレーにブドウ畑を所有するほど・・・
 「映画製作とワイン造りには共通点が多い。造り手の哲学を反映し、チームワークによって造られる。傑作は物語を秘めており、時代を超えて語り継がれる」
コッポラ氏の言葉です。
a0209951_2332415.jpg









秋の夜長、ワインを飲みながら映画鑑賞。
いかがですか?


またこの時期、大阪では「大阪ヨーロッパ映画際」というイベントも行われます。
今年は11・18(金)~23(水)エルセラーンホールにて →「www.oeff.jp」
普段あまり観れないイタリア映画も上映されます。ご興味のある方はこちらもどうぞ(^-^)
ciao ciao!


a0209951_2404224.jpg

[PR]
# by amiciviniitaliani | 2011-11-12 02:43 | お知らせ
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite