Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

アヴィノフェスタ旅企画!~連久美さんがお届けするマルケ州編①~

Q1 こんにちは!今日はインタビューよろしくお願いします。

  まずは、マルケ州の紹介をお願いします。

イタリア中部アドリア海沿岸に位置し、縦に長い州がマルケ州です。州都アンコーナは真っ青なアドリア海に面し、静かで美しい“ルンゴマーレ”と呼ばれる長い海岸があります。ヨーロッパの中でも屈指のリゾート地として知られ、多くのイタリア人やヨーロッパの人達が夏のバカンスを楽しんでいます。マルケの海岸は環境や安全管理などの基準を満たした海水浴場の国際的な環境認証ブルーフラッグ(伊名バンディエーラ・ブル)の認証も受けているんです。また、内陸に入れば穏やかな丘陵地もあるので自然豊かな州でもあり、東西南北違う文化が点在し、多種多様なお料理も楽しめます

Q2 連さんとマルケ州のつながりを教えてください

マルケ州イエージにあるスローフード協会が設立したItal.Cook(イタルクック)にイタリア伝統料理を学ぶ為に行ったのが、最初のマルケとの出会いです。2か月学校に通い、その後、ヴェネト州で4か月過ごし、またマルケに戻りました。

Q3 マルケに戻ろうと思った魅力はどんなところですか?

マルケの料理が美味しかったんです。学校では20州全てではないですが、主要な州の伝統料理を学ぶなか、マルケ料理の先生が作るお料理が食べていて疲れない料理で、本当に美味しかったんです。パスタ料理もとてもユニークで、昔貧しい土地だったこともあって、小麦100%だけで作る事ができず、そら豆の粉や、栗の粉をいれたりしたりするので、他の州にはない魅力があります。そして、そこから1年マルケで過ごしました。

今回取材をお願いしました連久美子さん

Q4 沢山の州を渡り歩く事もできたけど、なぜマルケに1年過ごそうと思ったの?

丁度、戻った時、通っていた学校のマルケ料理を教えてくれる先生がお店を開くというので、そこで働く事になり、気が付けば1年マルケで過ごしていました。やはり、1年の季節を通して同じ場所を見ないと、その場所を知っているとは言えないな。と思う気持ちがあったんです。そしたら、自然とマルケにはまっていました。料理や、ワインももちろん魅力的なんですが、とにかくいい人が多いです。私がマルケの皆さんにして頂いた事を、逆の立場になったときに出来るか。と思った時に、本当にマルケの人達は熱い想いを持った、優しい人達が多い事に気付きました。その人達がいる事も私にとって大きな魅力だと思います。

Q5 マルケ州おすすめの街、見どころや観光スポットはどこですか?

有名な所は15世紀に芸術の中心だった世界遺産ウルビーノという街が有名でもちろんお勧めですが、マルケには小さな街が点在し、ゆったりとした時間を楽しめます。マルケの紹介でもお話しした、アンコーナの美しい海岸沿いはぜひマルケにしかない景色ですので、訪れてほしいと思います。マルケ北側に位置する伝統工芸テラコッタ(陶器)が有名なフラッテ・ローザ。カトリック巡礼者の聖地でもあるキリストが暮らした『聖なる家』が存在する歴史的にも興味深いロレート。そして、街の可愛さに魅了され、ゆったりとした時間が流れるアスコリピチェーノ。みなさんに触れて、感じてほしい街ばかりです



今日はここまで。

明日は、お勧め料理や、現地のレストランなどをご紹介いただきます!


---------------------------------------------------------------------------


<プロフィール>

【連久美子(むらじくみこ)】

東京「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」で3年働いた後、長野で農業を体験。スローフード協会が設立したItal.Cook(イタルクック)にイタリア伝統料理を学ぶび、マルケの食文化に魅せられ、現地のリストランテで1 年半修業。帰国後、ソムリエ、シニアソムリエの資格を取得し、125Osteria La Cicerchiaをオープン。


[PR]
by amiciviniitaliani | 2017-10-10 17:15
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite