Amici Vini Italiani Kansai のブログ

avikansai.exblog.jp ブログトップ

アヴィノフェスタ旅企画!~河井麻子さんがお届けするアブルッツォ州編①~

こんにちは!今日はインタビューよろしくお願いします。

まずは、アブルッツォ州の紹介をお願いします。

地理的にはローマの東側にありイタリア中部に位置し、アペニン山脈の中でも標高が高い山々が存在する州がアブルッツォ州です。例えば、アブルッツォ州を代表するグランサッソ(2912m)、マイエッラ(2395m)。多くの国立公園も存在し、雄大な山々と手付かずの自然が残る『緑の豊かな州』です。とは言っても、アドリア海にも面しているので、山へも20分!海にも20分!という自然好き、海好きイタリア人にとっては楽園の様な所です。

Q2 河井さんとイタリア、アブルッツォのつながりを教えて頂けますか?

もともとは、父の仕事関係で幼稚園~小学校4年生まで4年間ミラノに住んでいました。その後、帰国したのですが、イタリアは常に私の傍にあり、イタリアで過ごした思い出は消える事がありませんでした。そして、18歳の時パドヴァへ1ヶ月ほどイタリア語の勉強も兼ねて渡伊、その数年後には、トスカーナのモンテプルチアーノへ1ヶ月滞在している時に友人が住んでいたアブルッツォ州に出会いました。

Q3 河井さんにとってのアブルッツォの魅力はどんなところですか?

“雄大な自然”と“人”ですね。今まで、イタリアの色々な所へ滞在いたしましたし、アブルッツォと出会ってからも、父の仕事を手伝っていた時期は、年に2度イタリアへ足を運んだり、シチリアのエトナにも魅了されましたが、アブルッツォの人達の愛情の深さと大きさに心惹かれてしまっています。自然と触れている人達は、心豊かで、愛情深く、それは、自然が生み出した人柄の様に思います。ミラノに滞在している時は、友人の自宅に招かれたり、レストランで会ったりします。それは、私にとってもちろん嬉しい事であり、楽しい時間に変わりはないのですが、アブルッツォで過ごす友人達とは、自然の中で過ごす事も多く、壁がないように感じ、心から笑って楽しめる場所なんです。私が自然好きだからかもしれませんが。そして、今回、インタビューを受けるにあたり、色々アブルッツォで過ごした日々を回想し、魅了され続けていることを再確認しました。今、無性に旅立ちたくなってます(笑 石垣さん、ありがとうございます!

                               今回取材をお願いしました河井麻子さん

Q4 街の見どころや観光スポットはどこですか?

何度も言いますが、“大自然”です(笑 グランサッソや、マイエッラに残る手付かずの自然の魅力はイタリアの中でもアブルッツォでしか経験出来ない事だと思います。気軽にハイキングもできますし、冬にはスキーも楽しめます。ウィンターシーズン、サマーヴァケーションとも、隣国から多くの観光客が訪れるそうですよ。あとは、ラクイラにある標高1460m山の頂に建つ城砦ロッカカラッショにもぜひ!約1000年前に建てられたという城跡は、部屋の一部や窓の一部、よく見ると浴場や台所のような跡もあり、景色もとても良い所です

今日はここまで。

明日は、お勧め料理や、現地のレストランなどをご紹介いただきます!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<プロフィール>

河井麻子(かわい あさこ)

6才~10才までミラノで過ごし、語学勉強の為、数回渡伊を繰り返す。その後、アカデミーデュヴァンの勤務でワインの面白さに開眼し、ワイン・エキスパートを取得(その後アドバイザー現ソムリエを再取得)。様々なご縁から得たワインの経験を活かし、現在、タカムラ ワイン ショップで日々ワインに囲まれる仕事場で活躍中!


[PR]
by amiciviniitaliani | 2017-10-12 13:33
line

AVIによるイタリアワインの啓蒙と普及の為のブログ


by amiciviniitaliani
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite